study妊活の基礎知識

    妊娠をグイッと後押しする「排卵誘発剤」の効果的な使い方

    妊娠をグイッと後押しする「排卵誘発剤」の効果的な使い方

    排卵誘発剤はタイミング法から体外受精まで、不妊治療で最も多く使われる薬です。不妊治療を考えるとき、「薬はなるべく使いたくない」「副作用が心配」という声もありますが、不妊治療の薬は限られた時間を有効に使い、妊娠・出産に結びつけるためのもの。むやみにこわがらず、効果的に使う方法を勉強していきましょう。

    Q.現在、薬を使っていますか?

    クリニックに通院している女性の多くは、排卵誘発剤をはじめとした不妊治療薬を服用中。一方、男性側は薬を使用しての治療は少なく、1割にも満たないことがわかりました。

    Q.薬で気になることは?

    1位 副作用が心配
    2位 安全性が心配
    3位 保険がきかないものは値段が高い

    気持ち悪くなったり、ダルさを感じたり、体調の変化を感じている人も。将来的に子宮にダメージはないか、ほかの病気のリスクがふえないか、といった不安の声も寄せられました。

    【タイミング法・人工授精】脳下垂体から出る2つのホルモンの働きを補い、排卵を促します

    正常な排卵には、卵胞を育てる働きをするFSH(卵胞刺激ホルモン)と、排卵を促す作用をするLH(黄体化ホルモン)が不可欠。これらが不足したり、バランスが悪いと、排卵障害や生理不順の原因になります。
    排卵誘発剤の使用目的は、この2つのホルモンの働きを補い、自然に排卵する場合と同じように、排卵させること。タイミング法や人工授精に向けてとられる方法で、飲み薬での治療が一般的です。

    シクロフェニル製剤(セキソビットなど)

    <飲み薬>

    ■効能・効果と副作用
    脳に働きFSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌を促します。クロミフェン製剤よりも排卵誘発作用は弱め。無排卵や排卵しづらい人の治療、タイミング法、人工授精などに用いられます。副作用は少なく、頭痛や悪心など。

    クロミフェン製剤(クロミッドなど)

    <飲み薬>

    ■効能・効果と副作用
    排卵誘発作用が高く、タイミング法、人工授精だけでなく、体外受精や顕微授精でも使用されます。粘液の分泌が少なくなる、子宮が薄くなるといった副作用のほか、頭痛や目のかすみなどを訴えることもあるので、運転する人は要注意。

    アロマターゼ阻害剤(レトロゾール、フェマーラなど)

    <飲み薬>

    ■効能・効果と副作用
    エストロゲンを低下させることで、卵巣に強い刺激を与えずに、複数の卵胞を発育させます。子宮内膜が薄くなるなどの副作用がほとんどなく、卵巣過剰刺激症候群を起こしにくいのが利点。ただ保険適用外の薬なので、費用は高め。

     

    【体外受精】複数の卵胞を育てて妊娠の可能性をアップさせます

    体外受精(顕微授精)では、卵の数を増やして妊娠の確率を上げるために、排卵誘発剤を使うこともあります。自然周期では1つしか排卵されないところを、排卵誘発剤を用いて複数の卵胞を育てるのです。この場合は、卵巣に働きかける注射がよく使われます。
    注射剤は飲み薬よりも作用が強くなるため、卵巣刺激症候群(OHSS)のリスクもアップ。そうならないために、ホルモン値や卵巣の状況に応じて、注射の種類、量を調整します。

    HMG製剤(HMGフェリング、HMGフジ、HMGテイゾーなど)

    <注射>

    ■効能・効果と副作用
    クロミフェン製剤で排卵しない場合、多くの卵胞を発育させたい場合に使用。FSHとLHの割合は1:1〜3:1が多い。筋肉注射で、お尻や上腕などに注射します。卵巣過剰刺激症候群が起こることも。

    リコンビナントFSH製剤(ゴナールエフ、フォリスチムなど)

    <注射>

    ■効能・効果と副作用
    脳下垂体から分泌されるFSH(卵胞刺激ホルモン)のかわりとなって働き、卵胞の成長を助けます。LH(黄体化ホルモン)は含みません。卵巣のはれやアレルギーを起こすリスクが低いのが特徴。ペン型で自己注射が可能。

    FSH製剤(フォリルモン、ゴナピュールなど)

    <注射>

    ■効能・効果と副作用
    hMG製剤に含まれるLHの値を限りなく少なくしたもの。卵巣を刺激し、卵子を育てる効果がある。hMG製剤と同じく、卵巣過剰刺激症候群を引き起こすリスクがある。

    飲み薬と注射は何が違う? 作用の違いで効果にも差が

    飲み薬は脳(視床下部)に働きかけるもの。脳に「卵胞が育っていない」と錯覚させることで、自力で出すFSH(卵胞刺激ホルモン)の量を増やします。
    一方、注射は、FSH(卵胞刺激ホルモン)そのものに注射をして、卵巣に直接刺激を与えます。そのため、誘発効果は注射のほうが高いです。
    脳下垂体にトラブルがあってホルモンの出方が悪い場合は、飲み薬よりも注射のほうが有効です。

    吐き気や倦怠感など、副作用は必ず起こる? 程度は?

    薬に対する体調の変化には個人差があります。気持ち悪さや便秘、吐き気などのほか、軽い蕁麻疹(じんましん)が出るケースも。ただ、そうした不調が出ても、卵の質が悪くなるなど、治療に悪影響を及ぼすことはありません。体調が悪ければ担当医に相談しましょう。

     

    「クロミッドの継続使用ががんを引き起こす」は本当?

    薬を使い続けることで、子宮や卵巣にダメージがあったり、将来、妊娠しにくくなるなどのリスクはありません。「クロミッドの継続使用ががんを引き起こす」という報告が出たこともありましたが、現在は完全に否定されているのでご安心を!

    排卵誘発剤を使うことで、卵が早くなくなることは?

    毎週期、数個から数十個の卵胞が目覚めて成長を始めますが、成熟するのはこの中の1つだけ。あとは自然になくなっていきます。排卵誘発剤は自然では消える運命の卵胞を拾い上げ、成熟するまで働きかける薬。長期間使ったからといって、卵が早くなくなったり、早期閉経することはありません。

    他の薬との飲み合わせは大丈夫?

    不妊治療で使う薬の場合は、多剤併用で用いることがあります。他科の薬は相互に効用を弱めてしまう可能性もあるので、担当医に確認しましょう。市販の風邪薬、胃薬などは基本的に問題ありませんが、心配なときはクリニックに相談を。

    Advice

    ファティリティクリニック東京
    院長 小田原 靖先生

    東京慈恵会医科大学卒業、同大学院修了。
    オーストラリア留学、東京慈恵医科大学産婦人科助手、スズキ病院科長をへて、 96年に小田原ウイメンズクリニック開院(2005年改称)。
    医学博士、日本生殖医学会認定生殖医療専門医。

    ファティリティクリニック東京
    http://fert-tokyo.jp/
    https://akahoshi.net/clinic/tokyo/detail296.php