不妊治療

    【2人目不妊】なかなか授かれない原因は?お悩み・疑問・不安をQ&Aで解消!

    公開日:2020.11.19

    【2人目不妊】なかなか授かれない原因は?お悩み・疑問・不安をQ&Aで解消!

    スポンサーリンク

    1人目はあまり悩まずに妊娠できたのに、2人目がなかなか授かれないという「2人目不妊」。この2人目不妊で悩んでいる人は意外と多いのです。親や親戚からの「2人目はまだ?」のプレッシャーや、子連れでの不妊治療の苦労、はたまた「1人子どもがいるんだからいいじゃん!」といった周囲の声……。今回は2人目不妊のお悩みにQ&A形式でお答えします!

    Q.2人目不妊の場合、特別な検査や治療が必要?

    A.基本的には1人目不妊と同じ検査や治療です

    年齢や妊娠にトライし始めてからの期間、1人目の妊娠方法などによるので、一概にはいえません。ただ、卵管造影検査やプロラクチンというホルモンの検査は、最初に受けることをおすすめしています。

    また、1人目のお子さんが自然妊娠の場合、フーナーテストや精液検査は正常という前提で治療を行いますが、治療を始めてからある程度の期間妊娠しない場合は、ひととおりの不妊検査を行います。

    【Check!】2人目不妊で特におすすめの検査

    □卵管造影検査
    卵管は、炎症や帝王切開などを含む過去の手術によって癒着していることもあるため、状態を確認するのがおすすめです。

    □プロラクチン検査
    授乳をしていると分泌されるホルモンで、妊娠をじゃまするのではないかといわれています。血液検査で調べられます。

    ⇒ある程度の期間妊娠しない場合は…
    フーナーテストや精液検査など、いわゆる一般的な不妊検査を行います。

    Q.子連れで受診しなければならない場合、どんな病院を選べばいい?

    A.まずは病院の情報を集めることから始めましょう

    ポイントは、「自分も気をつかわずに済み、ほかの患者さんも不快にさせない」という配慮のある病院かどうかでしょう。

    まずは、子連れで通える範囲の病院情報を集めましょう。ホームページを見れば、病院の方針やキッズルームの有無などがある程度わかります。

    ホームページではわからない場合は、直接電話をして「子ども連れで受診できる環境かどうか」を問い合わせてみるとよいでしょう。

    【Check!】HPや電話で確認しましょう

    □一般待合室以外に子連れ待合室があるか?

    □託児できる施設が病院の近くにあるか?

    Q.まわりが2人目ラッシュ。「まだ?」と言われるのがプレッシャー…

    2人目不妊,妊活

    スポンサーリンク

    A.積極的にカウンセラーに相談してみて

    ママ同士のつきあいや義母、親戚などからプレッシャーを感じるという人は多いようです。

    病院にカウンセラーがいる場合は、積極的に利用してみるのがおすすめです。

    年齢が近かったり、不妊経験があるカウンセラーもいるので、雑談のように気軽に話をするだけでも、聞いてもらうことで気持ちが晴れると思います。

    【Check!】心の悩みはカウンセラーに話すと軽くなる

    2人目不妊では、1人目がいるだけに、悪気なく傷つく言葉をかけられる場合も多いようです。

    誰にも言えない気持ちは、カウンセラーに話すのがおすすめ。NPO法人日本不妊カウンセリング学会のホームページでは、不妊カウンセラーが活躍する病院リストを掲載しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

    日本不妊カウンセリング学会

    >>妊活ストレスをため込まない!引きずらない!これでスッキリ!! 7つのしあわせ習慣

    Q.夫が「1人できたんだから、そんなにあせらなくてもそのうちできるよ」と不妊治療にOKしてくれません

    2人目不妊,妊活

    A.夫婦でよく話し合うことが大切です

    夫側のそうした考え方が妻側のストレスにつながっていくことも多々あります。

    男性の場合、「生理があれば妊娠できるはず」など、女性の体についての誤解があることも多いので、まずは夫婦でできるだけよく話し合ってみましょう。

    それでもむずかしい場合は、主治医から直接話してもらうのも一つの方法です。

    >>【2人目妊活カウンセリング】自然妊娠したいけど、夫との温度差に悩んでいます

    Q.2人目を妊娠したものの流産。不妊治療専門クリニックを受診したほうがいい?

    A.流産が2回続いたら病院を受診しましょう

    1人目を正常に出産したあとに流産を繰り返すという可能性は、一度も出産したことがない場合にくらべて低くなります。

    とはいえ、続けて2回流産すると、次の妊娠での流産率が高くなるため、もし流産が2回続いた場合は、受診したほうがよいでしょう。

    ★あわせて読みたい!

    スポンサーリンク

    あかほしLINE