不妊治療

    【不妊Dr.相談】カンジダ膣炎をくり返しています。多嚢胞性卵巣症候群 (PCOS)が原因?27歳

    公開日:2019.11.24 / 最終更新日:2019.11.27

    【不妊Dr.相談】カンジダ膣炎をくり返しています。多嚢胞性卵巣症候群 (PCOS)が原因?27歳

    スポンサーリンク

    赤ちゃんは自然に授かるもの。そんなふうに気軽に考えていたものの、いざ妊活を始めてみたら、なかなか赤ちゃんはやって来ない。イライラやモヤモヤはつきませんね。

    体や治療の気がかりもいろいろ。そこであかほし編集部があなたに代わって、不妊治療専門ドクターに聞いてきました。

    今回教えてくれたドクターは…

    英ウィメンズクリニック

    理事長の塩谷雅英 先生です

    気がかり毎月カンジダ膣炎になります。PCOSが原因ですか?

    毎月のようにカンジダ膣炎をくり返しています。多嚢胞性卵巣症候群 (PCOS) と何か関係があるのでしょうか。それからくり返しカンジダ膣炎になると、妊娠しにくくなりますか?

    相談者データ▶︎ 27歳/PCOS、高プラクチン血症、卵管造影検査問題なし、精液検査問題なし/タイミング法に挑戦中

    ANSWER カンジダ膣炎の原因はPCOSではありません。途中で治療をやめず、完治させればだいじょうぶ

    PCOS とカンジダ膣炎の因果関係はありません。しかし、カンジダ膣炎になると性器に強いかゆみや痛みを伴うことから、性行為を遠ざけてしまうように。そのまま放置しておけば、おのずとセックスの回数が減ってくるので、結果的に妊娠しくくなるといえます。
    カンジダ膣炎の治療には、膣錠とクリーム外用を使いますが、症状が軽くなったからといってすぐに治療をやめないこと。しっかりと完治させることがたいせつです。
    何度もくり返す場合は、抗生剤の服用による常在菌バランスのくずれや、免疫力の低下が原因と考えられます。生活習慣から見直す必要があるでしょう。『赤ちゃんが欲しい2019春』掲載

    塩谷雅英 先生

    1985年島根医科大学卒業。京都大学産婦人科に入局後、体外受精チームに所属し、不妊の臨床に取り組む。1994年より神戸市立中央市民病院に勤務、兵庫県初の顕微授精児誕生に貢献。2000年、英ウィメンズクリニックを垂水駅前に開設、2004年に、三宮にクリニックを開設する。

    英ウィメンズクリニック

    スポンサーリンク

    掲示板もチェック!

    ベビ待ち中のあらゆるお悩みは あかほし掲示板 でも受付中♡

    同じ悩みを持ったベビ待ちさんにコメントできたり、編集部が選んだお悩みにドクターが回答してくれることもあります。

    ぜひチェックしてみてくださいね。

     

    こちらの記事もおすすめ

    『不妊治療』を始めるときに知っておきたい基礎知識

     

     

    スポンサーリンク

    あかほしLINE