不妊治療

    【不妊Dr.相談】子宮腺筋症の治療と胚移植、どっちを優先べき?〈42歳お悩み〉

    公開日:2019.11.27 / 最終更新日:2020.09.05

    【不妊Dr.相談】子宮腺筋症の治療と胚移植、どっちを優先べき?〈42歳お悩み〉

    スポンサーリンク

    妊活を始めると出てくる疑問やお悩み。
    こんなこと病院で聞いていいのかな、主治医にはちょっと聞きづらいな

    そんなベビ待ちの方々の体や治療に関する気がかりに、不妊治療専門ドクターが答えてくれます。
    実際にあかほし読者さんから寄せられたお悩みなので、ご自身と似た相談もあるかもしれません。ぜひ参考にしてみてくださいね!

    今回教えてくれたドクターは…

    山下レディースクリニック
    山下正紀 先生です

    気がかり すぐに移植すべきか、子宮腺筋症の治療を優先するのか、採卵か。決められません

    卵を1つ凍結中です。主治医からは、「胚移植する」「GnRHaによる子宮腺筋症の治療」「再度採卵する」の3つを提案されました。早く移植したい気持ちもありますが、昨年妊娠8週で流産したことや年齢のことを考えると決断できません。

    相談者データ▶︎ 42才/チョコレート嚢腫、右卵管通過障害、子宮腺筋症、子宮内膜症性嚢胞/体外受精に挑戦中

    ANSWER 卵子の質は低下していきます。再度、採卵して受精卵をためておきましょう

    今の状況で妊娠をむずかしくしている要因は、やはり、ご相談者様の年齢だと考えます。
    卵子の質は、女性の年齢が高くなるにしたがって低下し、染色体異常が起こる頻度もふえていきます。昨年の妊娠が残念な結果に終わってしまったのも、年齢と関係の深い受精卵側の問題だったのではないかと推察します。
    負担は大きいですが、今後も卵子の質が低下していくことを考えると、再度採卵をして、受精卵をためることを優先されるといいでしょう。
    GnRHaによる子宮腺筋症の治療は、効果と時間を考えるとおすすめできません。ご主人とよく相談されて、後悔のない選択をしてください。

    『赤ちゃんが欲しい2019秋』掲載

    山下正紀 先生

    山下レディースクリニック院長

    1980年奈良県立医科大学卒業。京都大学産婦人科に入局。神戸中央市民病院産婦人科医長、体外受精チーフなどをへて、1997年山下レディースクリニックを神戸市に開院。2004年、現在の住所にクリニックを移転。

    スポンサーリンク

    山下レディースクリニック

    お悩みは掲示板でも受付中!

    ベビ待ち中のあらゆるお悩みは あかほし掲示板 でも受付中♡
    同じ悩みを持ったベビ待ちさんにコメントできたり、編集部が選んだお悩みにドクターが回答してくれることもあります。
    ぜひチェックしてみてくださいね。

     

    合わせて読みたいお悩みはこちら

    スポンサーリンク

    あかほしLINE