不妊治療

    【不妊Dr.相談】睡眠導入剤と頭痛薬の内服しています。卵子に影響はある?<36歳お悩み>

    公開日:2019.12.22 / 最終更新日:2021.03.10

    【不妊Dr.相談】睡眠導入剤と頭痛薬の内服しています。卵子に影響はある?<36歳お悩み>

    スポンサーリンク

    妊活を始めると出てくる疑問やお悩みのあれこれ。
    こんなこと病院で聞いていいのかな、主治医にはちょっと聞きづらいな

    そんなベビ待ちさんの体や治療に関する気がかりに、不妊治療専門ドクターがやさしく的確に答えてくれます。
    実際にあかほし読者さんから寄せられたお悩みなので、ご自身と似た相談もあるかもしれません。ぜひ参考にしてみてくださいね!

    今回教えてくれたドクターは…

    仙台ARTクリニック

    吉田仁秋先生です

    気がかり 睡眠導入剤と頭痛薬を内服していますが、卵子の質の低下につながりますか?

    数年前から不眠のため、定期的にマイスリーを内服しています。
    ときどき頭痛もあるのでロキソニンを飲むこともあるのですが、これらの薬剤が卵子の質に影響を与えることはあるのでしょうか。

    相談者データ▶︎36才/低AMH、タイミング法にトライ中

    ANSWER 睡眠導入剤や頭痛薬の服用と卵子の質の低下に因果関係はありません。

    よほどの高容量を長期間服用しないかぎり、マイスリーやロキソニンの服用による卵子の質への影響は考えにくいでしょう。そのような論文報告はなく、当院の患者さんでも、睡眠導入剤や頭痛薬の服用によって卵子の質が低下した経験はありません。
    ですから、通常の量であれば、服用していただいてなんら問題はないと考えます。ただし、妊娠後、特に妊娠初期はマイスリーの服用は最低限に減量か中止することをおすすめします。ロキソニンは、妊婦さんも服用できるカロナールに変更するといいでしょう。

    『赤ちゃんが欲しい2020冬』掲載

    今回教えてくれたドクターは

    吉田仁秋先生

    1980年獨協医科大学卒業。1980年東北大学医学部 産婦人科学教室入局不妊・体外受精チーム研究室へ。1991年医学博士号取得。1998年吉田レディースクリニックを開設し、2007年に吉田レディースクリニック ARTセンターを開設。2016年仙台ARTクリニックを開設。

    スポンサーリンク

    仙台ARTクリニック

    掲示板もチェック!

    スポンサーリンク

    あかほしLINE