不妊治療

    妊娠しやすくなるメリットも。腹腔鏡検査・手術について知りたい!体験談あり【不妊治療専門医監修】

    公開日:2020.01.03 / 最終更新日:2021.03.10

    妊娠しやすくなるメリットも。腹腔鏡検査・手術について知りたい!体験談あり【不妊治療専門医監修】

    スポンサーリンク

    子宮内膜症

    子宮内膜に似た組織が卵巣や骨盤内の臓器にできる病気で、腹腔鏡検査を受けた人の約5割に見つかります。組織が卵管でふえれば卵管が狭くなったり詰まったりし、卵巣でふえれば卵子の成熟や排卵に影響。場所によっては受精に悪影響を及ぼすこともあります。
    自覚症状は強い月経痛、月経時以外の腰痛や性交痛など。腹腔鏡検査で子宮内膜症が見つかったときは、電気メスで切除をする処置を行ないます。

    卵管采のピックアップ障害

    排卵した卵子を卵管がキャッチできないことを「ピックアップ障害」といいます。腹腔鏡検査で卵管采に癒着などが見つかった場合は、それをとり除く処置をします。

    子宮筋腫

    子宮の筋肉からできる良性のこぶで、妊娠しない状態が長い人ほど起こりやすい傾向が。筋腫は超音波検査などの検査でも見つかりますが、受精卵の着床を妨げる可能性のある子宮の壁や内腔に近いところにあるものは、腹腔鏡下手術で摘出します。

    卵管閉塞

    卵管造影検査で「卵管閉塞」と診断された場合、本当に詰まっているのかどうか、腹腔鏡検査で再チェック。また、卵管周囲の癒着などは、腹腔鏡検査時にはがす処置をします。

    卵巣嚢腫

    卵巣嚢腫は超音波検査で見つかり、腹腔鏡検査で診断を確定。大きさが5~6cm以上になると腹腔鏡手術の適応となります。卵巣でふえた子宮内膜が出血を起こして卵巣内にたまるチョコレート嚢腫は、細心の注意を払って処置する必要があります。

    PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)

    卵巣の内側に小さな卵胞が連なって、大きく育った卵子が卵巣から飛び出せない排卵障害。治療で排卵誘発剤を使うと、卵子が多く育つリスクが。卵巣の表面に孔をあけ、卵子を出しやすくする腹腔鏡治療もありますが、その効果は1年程度です。

    腹腔鏡検査(手術)Q&A ①おなかの傷は目立たなくなりますか?

    3~5mmの孔は数カ月で目立たなくなります
    おなかにあける孔の大きさによります。3mmの孔であれば、1カ月もすれば、どこに孔をあけたのかさえわからないほど目立たなくなるでしょう。5mmの孔でも2~3カ月後には目立たなくなりますが、10mmの場合は傷あとが多少残るかもしれません。

    腹腔鏡検査(手術)Q&A ②検査や手術に入院は必要?

    1~3日程度ですが、施設によって入院日数には差があります
    手術にかかる時間は30分~1時間程度、おなかにあける孔も3~10mm(施設によって異なる)と小さいので、比較的簡単な手術といえます。しかし念のため、入院が原則。手術後に問題がなければ、翌日には退院できます(施設によって2~3日の入院が必要な場合も)。

    【腹腔鏡検査(手術)の基本スケジュール】
    ●入院後
    手術の前日か当日に診察し、剃毛、浣腸などの検査前の準備

    ●検査(手術)
    全身麻酔をして腹腔鏡で検査(手術)

    スポンサーリンク

    ●検査(手術)後、
    問題がなければ退院

    腹腔鏡検査(手術)Q&A ③検査や手術後の痛みはどんな感じ?

    特別な処置をしなければほとんどありません
    検査そのものは全身麻酔ですし、癒着をはがしたり、子宮筋腫をとり出すなどの特別な処置をしなければ、検査後の痛みもほとんどないでしょう。もしも入院中に痛みを感じた場合は、遠慮せず医師に相談しましょう。鎮痛剤を処方してもらえます。

    私たちも腹腔鏡検査(手術)しました!体験談

    通水検査と腹腔鏡手術で自然妊娠!
    不妊治療を始めて早い時期に卵巣嚢腫が見つかったため、腹腔鏡手術を受けることに。同時に軽度の子宮内膜症も見つかったので、それも治療。腹腔鏡手術でおなかの中を、通水検査で卵管の中もきれいにしてもらったおかげか、その後のタイミング法で妊娠しました。(おかぴさん/38才)

    PCOS治療で手術後、痛みが1カ月も続いて職場復帰が遅れた
    PCOS治療のため、卵巣に孔をあけて排卵をととのえる腹腔鏡手術を受けました。術後1週間ほどで回復すると言われたけれど、1カ月間くらい痛みが続き、職場復帰も遅れてしまいました。術後2年で、再び排卵障害が起きてきたので、来月もう一度、腹腔鏡手術を受ける予定です。(いちごさん/33才)

    開腹手術にくらべれば、ラク♪ 卵の質も上がった!?
    卵管水腫、癒着、チョコレート嚢腫があったので、半年前に腹腔鏡手術を受けました。手術というと「こわい」と思う人もいるかもしれませんが、昔経験した開腹手術にくらべれば、術後の痛みもラク。刺激法をかえたせいもあるのかもしれませんが、卵子の質が上がったのもうれしい!(SAYAさん/37才)

    教えてくれたのは

    山王病院院長・国際医療福祉大学教授
    堤 治先生
    東京大学医学部卒業。同大学について医学部産婦人科教授をへて、主治療2008年より現職。元東宮職御用掛として雅子皇后の主治医を務める。専門は不妊治療、生殖医療、腹腔鏡下手術。

    出典『赤ちゃんが欲しい2012冬』

     

    スポンサーリンク

    あかほしLINE