妊娠という結果を得るためには培養室の安定した力が必須です

体外受精や顕微授精で、実際に卵子や精子を取り扱うのが培養室で、そこで働くスタッフが胚培養士です。患者さんが直接接する機会は少ないですが、治療の成否を握る大事な職種。今回は培養室&胚培養士の技術力について解説します。

  • 胚培養士は卵子や精子を扱う医療技術者です

    体外受精などの生殖補助医療を行う医療技術者を「胚培養士」といいます。一般的には国家資格を持っている臨床検査技師や、大学などで農学や畜産学を学んだ人が胚培養士になることが多いです。胚培養士という資格は、日本卵子学会により認定されています。

    培養室や胚培養士についてHPでチェックしよう

    体外受精や顕微授精では、医師による診察・治療と同じくらい、培養室の技術力が大事です。体外受精を行う施設には、卵子や精子を扱う培養室があり、治療の成否には、培養室の力が大きく関わっているからです。きちんとしたクリニックであれば、培養室の技術力の重要性をよくわかっているはず。たとえばHPなどで培養室や胚培養士について丁寧に紹介しているところなどは、培養室の技術に自信があると判断できるでしょう。

    最新機器を使いこなせる知識や経験が必要

    培養室に最新機器を導入していることも大事です。最新機器を使えば、顕微鏡ではわからないこともわかり、より精度の高い治療が可能になります。ただし、最新機器を使いこなすのは人=胚培養士です。妊娠という結果を得るためには、やはり胚培養士の知識や経験といった「力」が必須といえるでしょう。

有名クリニックの培養士さんたちにインタビュー!