あかほしのおすすめクリニック訪問記

幸町IVFクリニック(東京都府中市)

体外受精の技術力が一流なのはあたりまえ。
プラス妊娠しやすい体づくりの相乗効果で妊娠までをサポート

雀部 豊院長

雀部 豊院長

1989年東邦大学医学部卒業、同大学第1産婦人科入局。93年同大学院修了、医学博士。94年よりアメリカに留学、着床前診断の研究に携わる。2002年幸町産婦人科副院長、11年幸町IVF クリニック院長。東邦大学医学部客員講師、産婦人科専門医、生殖医療専門医、臨床遺伝専門医。

“すぐ妊娠する人”と“なかなか妊娠しない人”

エントランスを入ると1階に受付が。スタッフがいつでも笑顔で迎えてくれるので安心です。

体外受精や顕微授精などの高度生殖医療に加えて、〝妊娠しやすい体づくり〟の指導にも注力している幸町IVFクリニック。雀部豊院長は20年以上にわたって体外受精の臨床・研究に携わる、不妊治療のスペシャリストです。

「1990年ごろの体外受精はまだまだ技術の成熟度が低く、妊娠率も今と比較すると低迷していました。その当時の不妊治療の外来では、体外受精を行なうと〝すぐ妊娠する人〟がいる反面、いろいろと手を尽くしても〝なかなか妊娠しない人〟がいました。この〝すぐ妊娠する人〟と〝なかなか妊娠しない人〟の差は技術の精度が低いためで、技術の精度を向上させ、患者さんごとに技術をカスタマイズすることができれば、きっと克服できるものと私は考えていました」

それから20年ほどたち、体外受精の技術は飛躍的に発展。妊娠率も右肩上がりに上昇しました。

駅から徒歩4分の好立地。閑静な住宅街にある、おしゃれな外観のクリニックです。ブルーの看板が目印。

「ところが、これだけ技術の成熟度が向上したにもかかわらず、あいかわらず外来には〝なかなか妊娠しない人〟がいる……そうした現実に気がつき、体外受精の技術の限界を感じていたときです。何回も体外受精の治療を受けているある患者さんの治療結果がみるみる改善していったのです。最初は卵子の回収すらむずかしかったのが、卵子が回収できるようになり、受精するようになり、胚はい移植までたどり着き、最後は妊娠まで到達しました。その患者さんによく話を聞いてみると、『生活習慣の改善や漢方、サプリなどで体をつくりかえているんです』との答え。なるほど、と思いました。それまで、体外受精の技術でなんとかすることばかり考えてきましたが、それにプラスして体をつくりかえていけば体外受精の技術との相乗効果で結果が出やすくなるのだ、というあたりまえのことに気づいたのです」

エントランスを入ると1階に受付が。スタッフがいつでも笑顔で迎えてくれるので安心です。

駅から徒歩4分の好立地。閑静な住宅街にある、おしゃれな外観のクリニックです。ブルーの看板が目印。

生活習慣を見直すことで〝妊娠しやすい体〟に改善

待合室は落ち着いた色調のおしゃれなインテリア。待ち時間もリラックスして過ごせます。

それ以来、幸町IVFクリニックでは、患者さんの体質改善に力を注いでいます。基本は生活習慣の見直し。肥満度、血圧、貧血、喫煙・飲酒の習慣、糖代謝・脂質代謝、腎機能・肝機能、甲状腺、ビタミンD、酸化ストレスマーカーなどの基本項目をチェックし、データにもとづいた指導やサプリの投与を行ないます。

「当初は、生活習慣の改善の指導を行なっていると、『私はそんなことのためにこのクリニックに来ているわけではありません』と、はっきりおっしゃる患者さんもいました。でも少しずつ、妊娠しやすい体づくりの重要性を理解される患者さんも増加。それに伴い、前述のような症例を次々に経験するようになってきました」

待合室は落ち着いた色調のおしゃれなインテリア。待ち時間もリラックスして過ごせます。

最新の設備と高度な技術で質の高い医療を提供

採卵や胚移植などのあとに体を休めるリカバリールーム。ヒーリングミュージックが流れる室内でゆっくり休むことができます。

数多くの卒業生を送り出しているのは、妊娠しやすい体づくりのアドバイスはもちろん、最先端の設備と高度な技術があってこそ。幸町IVFクリニックでは患者さんの体の状態をしっかり把握し、一人一人に合わせた治療計画が立てられています。

「特に重視しているのは、過剰医療を避けること。顕微授精は、習熟した培養士にとっては一般的な技術ですが、患者さんや生まれてくる赤ちゃんにとっては、今後、非常に重要な意味を持つ可能性もあります。『受精が確実だから』とか、『体外受精のステップアップの技術だから』という医学的根拠がはっきりしない理由で顕微授精を用いることは、明らかな過剰医療で、これを回避するための技術を検討すべきです。当院では、通常の体外受精で受精しなかった場合、レスキュー顕微授精を行ないます。当院のレスキュー顕微授精は、紡錘体の可視化装置と独自のプロトコールにより、最初から顕微授精を行なったときと同等の受精卵を得ることができます。また、タイムラプスビデオを導入し、胚にストレスを与えずに動画観察しています。3日目に形態が美しい胚でも、培養中は異常分割している可能性もあり、こういった胚を移植しても妊娠・出産に結びつくのがむずかしくなります。途中経過を観察し、より良好な胚を選定することが可能になります」

高度生殖医療専門クリニックならではの高い技術力と、妊娠しやすい体づくりの相乗効果で妊娠率がアップ。「赤ちゃんが欲しい」と願う女性にとって、心強い味方となってくれるはずです。

真新しさが感じられる内診室は、明るく清潔感がただよいます。

体外受精のかなめとなる培養室。患者さんの卵子・精子・胚をたいせつに培養。最新の機器・設備を備え、正確度の高い体外受精が行なわれています。

採卵・胚移植などを行なう部屋は培養室のすぐ隣に位置しているので、卵子・胚の運搬が迅速に行なえます。

妊娠をめざす人のために抗酸化成分を中心に配合したオリジナルサプリメント。
ボトル1本150粒(約30日分)9000円+税

幸町IVFクリニック

妊娠をめざす人のために抗酸化成分を中心に配合したオリジナルサプリメント。
ボトル1本150粒(約30日分)9000円+税

住所 東京都府中市府中町1-18-17 コンテント府中1・2階
アクセス 京王線府中駅より徒歩4分
電話番号 042-365-0341
HP http://www.saiwaicho.com/
診療受付時間(予約制) 9:00~12:00 / 15:00~18:00
※完全予約制
※土曜日・日曜日の午後の受付時間は15:00〜16:00
※休診日:月曜日、祝日、年末年始、夏休み
※初診のかたは電話でご予約ください
(火〜金9:30〜17:00、土・日9:30〜16:00)

その他のおすすめ施設訪問記