あかほし掲示板

[お悩み] 病院で事実を知るのが怖い

4
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

病院で事実を知るのが怖い

ありあ

ありあ

投稿日:2019-06-18 21:30:37

結婚して1年半になります。
旦那も私も25歳、社会人3年目で結婚したので
キャリアやプライベートの自由時間も加味し
1年くらいは妊活はしないでいこうと決めました。
そして昨年の12月から本格的に妊活開始。
1回目2回目で授かるなんて簡単には思っていませんでしたが6回目を失敗に終わった今、悲しみで立ち直れません。
もちろん、私たちよりも長く妊活をされている方もいらっしゃることは重々承知ですが、こんなに出来ないものかと涙が止まりません。
また、友達の妊娠報告を最近は多く聞き、焦りと悲しみは募る一方です。

そんな私を見かねてか、旦那さんが今回の私の生理が終わったら2人で病院へ行こうと言ってくれています。
私も行った方が良いとは思っていますが、この心が折れている状態で、お医者さんに絶望的な一言を言われるのがとても怖いです。ひょっとしたら本当にタイミングの問題かもしれませんが…。でもこれで子どもが出来るの難しいと言われたら…。ネガティブ思考が止まりません…

引用付きで返信

主婦の友社あかほ

主婦の友社あかほ

投稿日:2019-06-24 23:19:34

ありあさま

投稿ありがとうございます。
『赤ちゃんが欲しい(あかほし)』編集部です。

パートナーさまの
「2人で病院へ行こう」というご提案、
とても素敵なことだと編集部は考えます。

専門クリニックを受診されることで、
次に取り組むべきアクションの方向性が見つかるのではないでしょうか。

とはいえ、
はじめてのクリニックへ足を踏み入れるのは勇気がいりますよね。
ご主人とごいっしょなら、ご安心ですね。

引用付きで返信

病院は健康診断と考えてみては?

ゆっきー

ゆっきー

投稿日:2019-07-05 13:51:29

妊活サポートをしている元医療従事者です。

私はクライアント様が、病院にいくことに対しての不安を訴えられた時に
こうお伝えしています。

「卵管が詰まっていても、精子が少なくても、自然妊娠はできません。知人は、18歳から避妊なしで妊娠せず、24歳で病院を受診して、卵管閉塞がわかり体外受精で1回で授かり、凍結胚の移植で27歳で2人目を産みました。

ただ、これも病院に行かなければ、ずっと悩んだままだったんです。

病院に行くのは治療ではなく、健康診断みたいなものですよ」

いかがでしょうか。

知ることへの不安はもちろんありますが、本当に怖いのは、

「知らないこと」

だと長年、医療の世界に従事して感じております。

多嚢胞であったり、無排卵だったりする場合は、治療ですぐに
授かる方もいますので、ぜひ前向きな気持ちで病院を受診されてみて下さいね^^

引用付きで返信

このスレッドにコメントを投稿