あかほし掲示板

[おめでた報告] 頑張っている皆様の励みになれば・・・

7
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

頑張っている皆様の励みになれば・・・

あややん

あややん

投稿日:2019-04-02 16:50:15

『赤ちゃんがほしい』を読み始めて3年程・・・妊娠し、お陰様で現在6か月を迎えております。本当に有難うございます。毎回毎回発売日を心待ちにし、助けて頂きました。感謝の意も込めて、今回、投稿させて頂きます。頑張っていらっしゃる皆様のお役に少しでも立てればと思いました。私は39歳で結婚、40歳で自然妊娠も6週で自然流産。本格的に不妊治療を開始しました。鍼灸にも通い、精子や卵子の図解や仕組みなどマジマジと説明されて勉強にはなりましたが、ショックでした。主人も最初は院内採精を拒否、家で朝、私がコンビニに行っている間に採精し、それをドキドキと電車で運びました。数回体外受精の後、主人も精子の検査を承諾。主人の協力に感謝しつつ、男性のデリケートさを初めて知りました。転院して1年、なかなか胚盤胞出来ず。焦りと失望とふがいなさ。これが分娩台だったらと何度願って採卵に臨んだ事か。しかし、最後は主人とのランチが目的の通院、もしくはスーパー銭湯の浴衣かというようなこなれた感じで、心はほぼ無の状態に。複雑ではありますが、これが良かったのか・・・それでも2度目の稽留流産。9週でした。不育症と診断され、半年ほどは休養とダイエットに集中(某パーソナルトレーナーのジムです!)。水子供養をし、占いにも頼り、行った事のなかった父方のお墓参り(2か所あり、1か所は行っていたのですが)もしました。何か所も子宝祈願へも旅行がてら行きました。婦人科のカウンセリングも通いました。そして、最後の胚盤胞で、やりました!現在、43歳。毎日、ヘパリン自己注射とバイアスピリンの服用はありますが、順調です。安定期に入り、幸せを感じる余裕も出てきました。「あきらめなければ成す」なんて嘘じゃん、と、不安でへこみ、頑張れば頑張るほど悪循環に思えるこの世界で先が見えず本当に怖くて孤独な日々もあり、世間の目や、若いお母さん方の言動が気になって仕方なくもなりました。でも、今、赤ちゃんは来てくれている。大切に、丁寧に、毎日を前向きに暮らしていこうと思います。一生を考えればアラフォーなんてまだまだ若い!この年で、不妊治療を通して経験出来た事は、結局無駄ではないと思います。私の貯金はすっからかん。恐ろしいです。だけど、後悔だけはしたくないと思っていました。皆様も頑張って下さい。長々とすみません。

引用付きで返信

このスレッドにコメントを投稿