特別な材料は必要なし!授かり薬膳

特別な材料は必要なし!授かり薬膳

第3回

月経周期にあわせた食事【③排卵期】

中医学には月経周期を4つにわけ、それぞれの時期の体の状態に合わせて漢方薬を飲み分けるという不妊の治療法があります。薬膳も考え方は同じで、それぞれの時期にあった働きのある食材を摂ることで、妊娠しやすい体に整えていくことができます。

基礎体温グラフ

今回も、月経周期にあわせた薬膳をご紹介します。
第3回目は排卵期の食事です。排卵期は、いよいよ卵巣から卵子が排出される時期。スムーズに排卵が進むようサポートするような食材を中心に摂りましょう。
“卵子を排出する=動かす”ためには、「気」の働きが重要になります。さらに血流が悪くなると、動きが悪くなりますから、「血」の流れをよくすることも大切です。

薬膳の考え方のもと、バランスをとったメニューになっていますから、3品一緒に摂ることをおすすめします。

  • ・・・「気」を流す食材
  • ・・・「血」を流す食材
  • ・・・「気」を補う食材
  • ・・・「血」を補う食材
  • ・・・「腎」を補う食材

※「腎」はホルモンを管理しているところで、腎が弱くなると生殖機能が衰えてきます。
妊活では「腎」を補うことも重要です。

※「気」「血」「津液」については、こちらを(https://akahoshi.net/health_food/)を参考にしてください。

甘栗としいたけの炊き込みご飯

栗はアンチエイジングの働きが高い食材。生殖機能を管理している腎を強化しますから、妊活中の人にはよく使われます。ただし栗はカロリーが高いので、食べすぎには注意しましょう。

甘栗としいたけの炊き込みご飯

材料(2人分)

1カップ
しいたけ 2枚
甘栗 4個
焼き豚 50g
醤油 小さじ1
1カップ

作り方

焼き豚はサイコロ状に切る。しいたけはスライスする。

すべての材料を炊飯器に入れて炊く。

タマネギの餃子

「気」を流す働きのあるタマネギを丸々1個使った、タマネギが主役の餃子です。排卵期にありがちなイライラをおさえるセロリも入って、普通の餃子とはちょっと違った味と香りが楽しめますよ。

タマネギの餃子

材料(2人分)

タマネギ 1個
豚挽き肉 100g
セロリ 1本
1個
小さじ1
醤油 小さじ1
餃子の皮 適量

作り方

タマネギはみじん切りにし、セロリも小さく切る。

ボウルに豚挽き肉、①、卵、塩、醤油を入れて、よく混ぜる。それを餃子の皮で包む。

フライパンに油を引き②を焼く。

サバと生姜とキムチのスープ

サバは「気」を補って「血」を流し、キムチなどの辛いものは「気」を流し「血」を流す働きがあります。体に余分な水分があると、「気」の流れが悪くなりますから、利水(利尿)作用のある生姜も使っています。辛いものが苦手な人は、キムチの量を調節しましょう。

サバと生姜とキムチのスープ

材料(2人分)

サバ 1身
生姜 ひとかけ
キムチ 100g
醤油 大さじ1弱
2カップ

作り方

サバは食べやすい大きさに切り、塩を振る。水分をふき取ったらグリルでサバを焼く。

鍋に水と薄切りにした生姜、キムチを入れて10分ほど煮たら、①のサバを加えて1分ほど煮る。

キムチによって塩分量が違うため、味見をしながら醤油で味を調節する。

瀧本靖子先生

瀧本靖子先生

中国医学研究家、国際中医師、国際薬膳師、日本薬膳師、管理栄養士、オールアバウトガイド、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。実践女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業後、漢方と食事で病気の治療をする病院の食養内科に勤務。その後、老人福祉施設で管理栄養士として勤務。その頃、中医学のおもしろさに魅了され、中医学、薬膳を学ぶ。2005年4月に横浜・青葉台で「薬膳料理レストラン心味」を開店。2006年より「薬膳教室心味」をスタートさせる。

薬膳料理教室 心味
http://www.yakuzen-cocomi.com/

調理アシスタント:日本薬膳師
http://yakuzen-jissengakuin.jp/license

薬膳で、妊娠する人が増えています!

瀧本先生が主催する「薬膳教室心味」では、妊活中の方向けの講座も実施しています。そこで、薬膳を受講し妊娠された方からコメントをいただきました。食事や生活の参考にしてくださいね。

≫ 妊娠された方からのコメントはこちら

特別な材料は必要なし!授かり薬膳