特別な材料は必要なし!授かり薬膳

特別な材料は必要なし!授かり薬膳

第8回

ホルモンバランスを整える②

先月に引き続き、ホルモンバランスを整える薬膳メニューをご紹介します。
先月は「イライラやストレスによるホルモンバランスの乱れ」を整えるメニューでしたが、今月は「疲労や痩せすぎによるホルモンバランスの乱れ」に着目したメニューです。

妊活中は仕事や家事、通院などやることが多く、疲れをためてしまうことも多いもの。疲労がたまると体調をくずし、ホルモンバランスも乱れがちです。また痩せすぎもホルモンバランスを乱す一因。「気=体を動かすエネルギー」と「血=体の栄養」をしっかりとって、ホルモンバランスを整えましょう。

薬膳の考え方のもと、バランスをとったメニューになっていますから、3品一緒に摂ることをおすすめします。

  • ・・・「気」を流す食材
  • ・・・「血」を流す食材
  • ・・・体を温める食材
  • ・・・「気」を補う食材
  • ・・・「血」を補う食材
  • ・・・「腎」を補う食材

※「腎」はホルモンを管理しているところで、腎が弱くなると生殖機能が衰えてきます。
妊活では「腎」を補うことも重要です。

※「気」「血」「津液」については、こちらを(https://akahoshi.net/health_food/)を参考にしてください。

タラとじゃがいものご飯

「気=体を動かすエネルギー」を補う3つの食材を使った炊き込みご飯。タラの淡白な味とじゃがいもが不思議なおいしさです。タラを焼いて炊飯器に入れるだけなので簡単!

牡蠣のとろろ蕎麦

材料(2人分)

2カップ
2カップ
タラ 2切れ
じゃがいも 小さめ2個
醤油 適量

作り方

タラは塩を振って焼いた後、骨を取り除いてほぐす。じゃがいもは食べやすいよう小さめに切る。米は洗う。

すべての材料を炊飯器に入れて、いつもどおりに炊く。

レバーの煮込み

レバーは「血=体の栄養」を補う食材。「血」が足りない人はホルモンバランスが乱れやすいので、「血」を補う食材を積極的にとりましょう。鶏レバーは赤ワインで煮込むことで、くせも気にならなくなります。

セロリと野菜のマリネ

材料(2人分)

鶏レバー 150g
醤油 大さじ1と1/2
赤ワイン 100cc
ネギ 適量

作り方

鶏レバーは食べやすく切り、鍋に醤油と赤ワインとともに入れて火にかける。沸騰したらふたをして、弱火で15分ほど煮る。

器に盛り、ネギを飾ってできあがり。

骨付き肉の具だくさんスープ

体を温める食材を使った豪華なスープ。中医学では骨付き肉は生殖エネルギーであり生命のエネルギーでもある「精」を補う働きがあると考えます。生殖機能を高めたいときは骨付き肉を食べましょう。調味料は塩だけですが、味わい深いスープです。

百合根のデザート

材料(2人分)

豚スペアリブ 400g
かぶ 2個
かぼちゃ 200g
ネギ 適量
小さじ1

作り方

豚スペアリブをたっぷりの水で1時間ほど煮込む。

食べやすく切ったかぼちゃとかぶ、ネギを①に入れる。かぼちゃがやわらかくなったら、塩で味を整える。

瀧本靖子先生

瀧本靖子先生

中国医学研究家、国際中医師、国際薬膳師、日本薬膳師、管理栄養士、オールアバウトガイド、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。実践女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業後、漢方と食事で病気の治療をする病院の食養内科に勤務。その後、老人福祉施設で管理栄養士として勤務。その頃、中医学のおもしろさに魅了され、中医学、薬膳を学ぶ。2005年4月に横浜・青葉台で「薬膳料理レストラン心味」を開店。2006年より「薬膳教室心味」をスタートさせる。

薬膳料理教室 心味
http://www.yakuzen-cocomi.com/

調理アシスタント:日本薬膳師
http://yakuzen-jissengakuin.jp/license

薬膳で、妊娠する人が増えています!

瀧本先生が主催する「薬膳教室心味」では、妊活中の方向けの講座も実施しています。そこで、薬膳を受講し妊娠された方からコメントをいただきました。食事や生活の参考にしてくださいね。

≫ 妊娠された方からのコメントはこちら

特別な材料は必要なし!授かり薬膳


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2018 あかほし. ALL RIGHTS RESERVED.