特別な材料は必要なし!授かり薬膳

特別な材料は必要なし!授かり薬膳

第17回

男性が元気になる①

これまで、女性の体を整える薬膳を中心にご紹介してきましたが、妊活は女性だけが頑張るものではありません。そこで今回は、男性が元気になる薬膳です。

最近では不妊治療にも積極的に取り組む男性が増えてきました。しかし、妊活をしている男性は疲れている人が、とても多いように感じます。年齢的にも中間管理職で、仕事でストレスを抱える人も多いでしょう。

そこで「気」を補う食材を中心にした薬膳にしました。これで疲れをとって、体も心も前向きに妊活に取り組みましょう。

薬膳の考え方のもと、バランスをとったメニューになっていますから、3品一緒に摂ることをおすすめします。

  • ・・・「気」を流す食材
  • ・・・「血」を流す食材
  • ・・・体を温める食材
  • ・・・「気」を補う食材
  • ・・・「血」を補う食材
  • ・・・「腎」を補う食材

※「腎」はホルモンを管理しているところで、腎が弱くなると生殖機能が衰えてきます。
妊活では「腎」を補うことも重要です。

※「気」「血」「津液」については、こちらを(https://akahoshi.net/health_food/)を参考にしてください。

具だくさん・補気パスタ

さつまいもにかぼちゃと、秋の味覚がたっぷりと入った、具だくさんのパスタです。味付けは塩・こしょうに白ワインだけですが、さつまいもやかぼちゃの甘味が感じられる複雑な味わいです。

具だくさん・補気パスタ

材料(2人分)

さつまいも 100g
かぼちゃ 100g
キャベツ 150g
豚ひき肉 100g
にんにく ひとかけ
たまねぎ 半分
パスタ 160g
オリーブオイル 大さじ1
白ワイン 100cc
小さじ1
こしょう 適量

作り方

パスタは硬めにゆでておく。にんにくとたまねぎは薄くスライス、さつまいもとかぼちゃは1センチ弱のサイコロ状に切る。キャベツは1センチ四方に切る。

フライパンにオリーブオイルをひいて、にんにくとたまねぎを炒め、軽く塩・こしょうをする。ここに豚ひき肉を加えてさらに炒める。

②にさつまいもとかぼちゃを加えて火を通したら、キャベツも加えて炒める。

③に白ワインを振りいれてアルコールを飛ばしてから、パスタを加えてよく混ぜる。

きゅうりとキムチとショウガのスープ

男性が大好きなキムチ味のスープです。きゅうりとショウガは「水」の流れを良くしてくれる食材。余計な「水」を流して、元気を取り戻しましょう。

きゅうりとキムチとショウガのスープ

材料(2人分)

きゅうり 1本
キムチ 100g
ショウガ ひとかけ
醤油 適量
3カップ

作り方

ショウガは薄切りに、きゅうりは食べやすい大きさに切る。

鍋に水3カップとショウガ、キムチを入れて煮る。きゅうりも加えて、醤油で味を調える。

ツナと大根とピーナツの和え物

ピーナツの歯ごたえが楽しい和え物です。ツナとピーナツが「血」を補い、大根は余計な熱をさましてくれます。「血」は足りていないが、体はほてっているような人には、特におすすめです。

ツナと大根とピーナツの和え物

材料(2人分)

ツナ缶 1つ
大根 5センチ
ピーナッツ 20g
白練りゴマ 大さじ1
粒マスタード 大さじ1
ひとつまみ

作り方

大根は千切りにして軽く塩もみする。

ボウルにツナ缶と白練りゴマ、粒マスタード、ピーナッツを加えてよく混ぜる。

瀧本靖子先生

瀧本靖子先生

中国医学研究家、国際中医師、国際薬膳師、日本薬膳師、管理栄養士、オールアバウトガイド、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。実践女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業後、漢方と食事で病気の治療をする病院の食養内科に勤務。その後、老人福祉施設で管理栄養士として勤務。その頃、中医学のおもしろさに魅了され、中医学、薬膳を学ぶ。2005年4月に横浜・青葉台で「薬膳料理レストラン心味」を開店。2006年より「薬膳教室心味」をスタートさせる。

薬膳料理教室 心味
http://www.yakuzen-cocomi.com/

調理アシスタント:日本薬膳師
http://yakuzen-jissengakuin.jp/license

薬膳で、妊娠する人が増えています!

瀧本先生が主催する「薬膳教室心味」では、妊活中の方向けの講座も実施しています。そこで、薬膳を受講し妊娠された方からコメントをいただきました。食事や生活の参考にしてくださいね。

≫ 妊娠された方からのコメントはこちら

特別な材料は必要なし!授かり薬膳


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2018 あかほし. ALL RIGHTS RESERVED.