特別な材料は必要なし!授かり薬膳

特別な材料は必要なし!授かり薬膳

第19回

冷えを改善する①

妊活中の方で、「冷え」で悩んでいる方は多いと思います。寒がりであったり、基礎体温が全体的に低かったり、高温期が低かったりなどはありませんか?

冷えの原因として多くの場合、自力で温める力がないことと考えられます。そのような方におすすめなのは、体を温める食材でよく使われる、くるみ、ラム肉、エビです。今回はこれらに、同じく体を温めるはたらきのある、もち米やかぼちゃを加え、しっかりと温められるメニューにしました。自力で体を温める力をつけて、冷えの改善を目指しましょう。

薬膳の考え方のもと、バランスをとったメニューになっていますから、3品一緒に摂ることをおすすめします。

  • ・・・「気」を流す食材
  • ・・・「血」を流す食材
  • ・・・体を温める食材
  • ・・・「気」を補う食材
  • ・・・「血」を補う食材
  • ・・・「腎」を補う食材

※「腎」はホルモンを管理しているところで、腎が弱くなると生殖機能が衰えてきます。
妊活では「腎」を補うことも重要です。

※「気」「血」「津液」については、こちらを(https://akahoshi.net/health_food/)を参考にしてください。

もち米の炊き込みご飯

くるみの歯ごたえと、もち米のもちもち感が楽しい一品。調味料は昆布と醤油だけですが、なぜか複雑な旨みを感じさせます。

もち米の炊き込みご飯

材料(2人分)

もち米 1カップ
くるみ 20g
クコの実 10g
黒豆 10g
昆布 5センチ
黒ゴマ 適量
醤油 大さじ1
1カップ

作り方

もち米は洗っておく。

すべての材料を炊飯器に入れて炊く。

ラム肉の肉味噌風

体を温めるはたらきのあるラム肉を使ったメニューです。甜麺醤のこってりした味とラム肉、そこにかぼちゃの甘味が加わって、食欲をそそるおいしさです。

ラム肉の肉味噌風

材料(2人分)

ラム肉 150g
かぼちゃ 200g
にんにく ひとかけ
しょうが ひとかけ
甜麺醤
(テンメンジャン)
大さじ1
醤油 適量

作り方

フライパンに油をひいて、みじん切りにしたにんにく、しょうがを炒める。そこへ食べやすく切った薄切りのラム肉を加える。

ラム肉からでた余分な脂をふき取ってから、5ミリ幅で小さめに切ったかぼちゃを加えて、さらに炒める。

甜麺醤を加え、ふたをしてかぼちゃが柔らかくなるまで煮る。

醤油を加えて味を整える。

エビのスープ

たまねぎとしょうががたっぷり入った温スープ。体を温める食材がたっぷりと入っているので、寒い冬には特におすすめです。

エビのスープ

材料(2人分)

エビ 100g
たまねぎ 1個
4カップ
小さじ1
こしょう 少々
しょうが ひとかけ
シナモン 適量

作り方

鍋に水と薄切りにしたしょうが、たまねぎを入れて火にかける。

①にエビを加えて、エビに火が通ったら、塩、こしょうで味を整える。

最後にシナモンを振りかける。

瀧本靖子先生

瀧本靖子先生

中国医学研究家、国際中医師、国際薬膳師、日本薬膳師、管理栄養士、オールアバウトガイド、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。実践女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業後、漢方と食事で病気の治療をする病院の食養内科に勤務。その後、老人福祉施設で管理栄養士として勤務。その頃、中医学のおもしろさに魅了され、中医学、薬膳を学ぶ。2005年4月に横浜・青葉台で「薬膳料理レストラン心味」を開店。2006年より「薬膳教室心味」をスタートさせる。

薬膳料理教室 心味
http://www.yakuzen-cocomi.com/

調理アシスタント:日本薬膳師
http://yakuzen-jissengakuin.jp/license

薬膳で、妊娠する人が増えています!

瀧本先生が主催する「薬膳教室心味」では、妊活中の方向けの講座も実施しています。そこで、薬膳を受講し妊娠された方からコメントをいただきました。食事や生活の参考にしてくださいね。

≫ 妊娠された方からのコメントはこちら

特別な材料は必要なし!授かり薬膳