特別な材料は必要なし!授かり薬膳

特別な材料は必要なし!授かり薬膳

第20回

冷えを改善する②

前回に続き、冷えを改善する薬膳メニューをご紹介します。
冷えのなかでも、足先や指先など末端が冷える場合、その原因として血行不良が考えられます。そこで血行不良を改善するチンゲンサイを使いました。また、「気」が足りない場合は血を流す力がなく、「血」が足りなければ流すものがない、と考えられますから、「気」「血」を増やすにんじんやサバも使っています。さらにしっかりと体を温めるニラとネギを加えました。

疲れやすく貧血のような症状があって、末端に冷えを感じる方には、特におすすめです。

薬膳の考え方のもと、バランスをとったメニューになっていますから、3品一緒に摂ることをおすすめします。

  • ・・・「気」を流す食材
  • ・・・「血」を流す食材
  • ・・・体を温める食材
  • ・・・「気」を補う食材
  • ・・・「血」を補う食材
  • ・・・「腎」を補う食材

※「腎」はホルモンを管理しているところで、腎が弱くなると生殖機能が衰えてきます。
妊活では「腎」を補うことも重要です。

※「気」「血」「津液」については、こちらを(https://akahoshi.net/health_food/)を参考にしてください。

ニラとネギのお焼き

ネギとニラがたっぷりと入ったお焼きは、食べ応えもバッチリ。酸味と辛味のあるたれをかけていただきます。

ニラとネギのお焼き

材料(2人分)

ニラ 半束
ネギ 1本
1個
小麦粉 100g
100~150cc
適量

たれ

黒酢 大さじ4
醤油 大さじ4
唐辛子 適量
ごま油 適量
砂糖 適量
黒すりごま 適量


作り方

ニラは3センチ幅に、ネギは小口に切る。

ボウルに卵を割りいれてよくほぐしたら、ふるった小麦粉を入れて、①も加え、水と塩少々を加えてさらに混ぜる。

フライパンに油を引き、②を流して両面をこんがりと焼く。

鍋にごま油と唐辛子を入れて火にかけ、辛味が出たら火を止める。そこに他のたれの材料を全て入れて混ぜる。

チンゲンサイのおひたし

牛肉とチンゲンサイを和えた、簡単おひたし。紅花は身体を温めて血行をよくする作用があるので、冷え症の方にはおすすめです。

チンゲンサイのおひたし

材料(2人分)

チンゲンサイ 2束
牛薄切り肉 100g
醤油 大さじ1
だし
大さじ2
紅花 適量(なくても可)

作り方

チンゲンサイは3センチ程度に切って茹でる。牛肉は食べやすい大きさに切り、さっと茹でておく。

ボウルにだし、醤油を入れて①を加える。最後に紅花を散らす。

しょうがのきんぴら

普通のきんぴらは醤油と砂糖で味付けしますが、これはサバ缶が入っているので味付けは醤油で整えるだけ。サバ缶の旨みがポイントです。

しょうがのきんぴら

材料(2人分)

にんじん 1/2本
しょうが 100g
サバ缶 1缶
唐辛子  1本
適量
醤油 適量

作り方

にんじんは太め、しょうがは細めの千切りにする。

油を引いたフライパンに、唐辛子としょうがを入れて弱火でじっくりと炒めてから、サバ缶を加えてほぐしながら炒める。

にんじんも加えてさらに炒めたら、最後に醤油で味を整える。

瀧本靖子先生

瀧本靖子先生

中国医学研究家、国際中医師、国際薬膳師、日本薬膳師、管理栄養士、オールアバウトガイド、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。実践女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業後、漢方と食事で病気の治療をする病院の食養内科に勤務。その後、老人福祉施設で管理栄養士として勤務。その頃、中医学のおもしろさに魅了され、中医学、薬膳を学ぶ。2005年4月に横浜・青葉台で「薬膳料理レストラン心味」を開店。2006年より「薬膳教室心味」をスタートさせる。

薬膳料理教室 心味
http://www.yakuzen-cocomi.com/

調理アシスタント:日本薬膳師
http://yakuzen-jissengakuin.jp/license

薬膳で、妊娠する人が増えています!

瀧本先生が主催する「薬膳教室心味」では、妊活中の方向けの講座も実施しています。そこで、薬膳を受講し妊娠された方からコメントをいただきました。食事や生活の参考にしてくださいね。

≫ 妊娠された方からのコメントはこちら

特別な材料は必要なし!授かり薬膳


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2018 あかほし. ALL RIGHTS RESERVED.