幸町IVFクリニック

院長・雀部豊先生

院長
雀部豊 先生

1989年東邦大学医学部卒業。同大学第1産婦人科に入局。93年同大学院修了、医学博士。94年アメリカへ留学し着床前診断の研究に携わる。2002年幸町産婦人科副院長、11年幸町I VFクリニック院長。日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、日本生殖医学会認定生殖医療専門医、日本人類遺伝学会認定臨床遺伝専門医。

ご夫婦で一緒に
検査を受けてみましょう

京王線・府中駅から徒歩4分の場所にある幸町IVFクリニックは、主に体外受精や顕微授精が必要なかたを診療する、高度生殖医療専門クリニックです。体外受精の専門クリニックですが、妊娠しづらいことに悩んでいるご夫婦を対象に妊活ドックを行なっています。

「赤ちゃんが欲しいと思ったら、まずやっていただきたいのが検査を受けることです。原因は女性だけとは限らず、半数は男性にも原因があるといわれているので、ご夫婦で一緒に検査を受けることが重要になってきます。ふだん診療していて、もう少し早めに受診してくれていたら…と悔しく思うことがあります。そこで、早めのステップアップが必要なご夫婦を、専門医の視点で適切な時期に適切な治療の提案ができるよう、〝妊活ドック〞を開始しました。

〝妊活ドック〞の目的は、最低限これだけは正しく機能していないと自然妊娠が難しいという項目を調べておきましょうというもの。検査項目で問題が発覚した場合は、できるだけ早く生殖医療専門医へ相談した方が良いということになります。勘違いしてはいけないのは、〝問題なし〞という結果の解釈。検査を行なった範囲内では、異常がなかったということで妊娠できることを保証するものではありません。一定期間内経過をみても妊娠しない場合はやはり、専門クリニックの受診が必要になります」と雀部先生は語ります。

幸町IVFクリニックでセミナーや〝妊活ドック〞を受けたら必ず体外受精を行なうというわけではありません。体外受精専門家という立場から、ご夫婦にとって最善だと思われる方法を提案してくれます。その一方で、医療の助けを借りようとも、妊娠はご夫婦の協力があってこそ。

「体外受精をすればドクターがなんとかしてくれる、というクリニック頼みの考え方ではなく、治療を受ける主体はご夫婦であることを理解しておくことが重要です」

「体質改善」と「治療」を並行して行なうことで
相乗効果が期待できます!

体外受精が専門ですが、体質改善にも力を入れています。同じ治療でも、体質改善を並行して行なうことで結果が出やすくなるからです。「体質改善だけ」「体外受精だけ」では、結果が出るのに時間がかかることも。並行して行なうことにより相乗効果が期待できます。体が不健康な状態では、自分の体の維持のために多くのエネルギーを消費してしまい、生殖のほうにエネルギーを回すことができません。その状態ではクリニックで出された処方薬やサプリメントをいくら使っても、十分な効果はあがりません。

基本を忘れずに妊活・治療をしていきましょう! 体外受精を繰り返しているのに結果が出ないかたは一旦立ち止まり、基本に立ち返って体の見直しを。妊娠の土台は、あなたの健康です。

■ 施設概要 ■

  • 住所東京都府中市府中町1-18-17 コンテント府中1階・2階
  • アクセス京王線「府中駅」より徒歩4分
  • 電話042-365-0341
  • HPhttps://www.saiwaicho.com/
  • 時間火・金 9:00~12:00 / 15:00~18:00、土・日 9:00~12:00 / 15:00~16:00
  • 休診日月曜・祝日
  • 備考土曜・日曜も診療しています