訪問記

木場公園クリニック・分院

木場公園クリニック・分院 院長 吉田 淳先生

院長 吉田 淳先生

1986年、愛媛大学医学部卒業。東京警察病院などで産婦人科医の経験を積んだあと、 「不妊症専門医」を目ざして、東邦大学医学部付属大森病院第一泌尿器科で男性不妊の研究と診療にとり組む。99年に木場公園クリニックを開院。東邦大学医学部非常勤講師。


不妊治療はカップルで

「従来の不妊治療は、女性は婦人科で、男性は泌尿器科でと、診てもらう場所が別々だったため、治療方針がなかなか定まらないということがありました。不妊治療はカップルで行なうもの。」一人のドクターが男性も女性もきちんとみられるクリニックがベストという考えから、産婦人科、泌尿器科で経験を積み、1999年に男性と女性の両方の不妊治療ができる専門病院として開業したのがここ木場公園クリニック。以来、多くの不妊に悩むカップルの治療に取り組み、高い実績をあげています。無精子症の方や脊椎損傷の方には、精巣内の精子を採取する手術が日帰りで行なわれています。


大切な命を預かる培養室の清潔度・安全性へのこだわり、
万一のアクシデントへの対応

2001年から診療スペースを拡大し、採卵、採精、体外受精、顕微授精、胚移植などの高度医療は3階で行なっています。施設拡大に伴い新設された培養室には、多くのこだわりがみられます。「まず、卵、精子、胚など、命を預かっている培養室は、簡単に入室できないようなシステムにしました。培養室に入る前に手を洗うのは常識ですが、手を洗う水が暗証番号を打ち込まないと出ない仕組みになっていて、しかも手を洗わないと培養室へのドアは開かないのです。さらに入室直前にはエアーシャワーで全身のホコリを落とします。培養室内では、卵や精子の取り違えがないよう、「1処理1ブース、1遠心分離器、1顕微鏡」「1処理終了後に次の処理」「全ての工程でダブルチェック」など、細心の注意とセクション分けをしています。また、インキュベーターで保管している卵は、1秒電気が落ちただけでもアウト!患者様の大切な命を停電で失うわけにはいけません。木場公園クリニックでは、自家発電や様々なセキュリティシステムを設置しています。」


カウンセリングスタッフによる様々なサポート

木場公園クリニック・分院では、心理カウンセラー、遺伝カウンセラー、ミュージックセラピスト(カウンセリングのページでも紹介されています)によるサポートが行なわれています。
「不妊治療は、精神的、肉体的、経済的に患者様に大きな負担をかけるもの。木場公園クリニックでは、以前より癒しをテーマにした取り組みを行なっています。現在は「人対人」による、メンタルサポートや待ち時間を利用したひとときのリラックスなどに力を入れています。また、心と体のバランスづくりからより妊娠しやすい体を目指すため、受胎気功を定期的に開催しています。


遺伝カウンセラーによるサポート

「妊娠がゴールだとは思っていません。妊娠すること、無事に生児を得ること、それからの未来。不妊治療をさせていただくことは、その患者様の人生に大きくかかわることです。妊娠までの不安はもちろん、妊娠による不安もあるのです。」 妊娠している、していない、染色体異常の有無にかかわらず、“高齢妊娠になるが、子供の染色体異常が心配”“染色体異常が遺伝する確率は?”“流産と遺伝子、何か関係があるの?”など、遺伝や染色体にかかわる疑問や不安に、遺伝カウンセラーがアドバイスをしてくれます。


基本情報

木場公園クリニック・分院

住所 東京都江東区木場2-17-13 亀井ビル2F
アクセス 地下鉄東西線木場駅3番出口より徒歩2分
電話番号 03-5245-4122
HP http://www.kiba-park.com/

やわらかな間接照明、すわり心地のよいソファと、ホテルのロビーのような落ち着いた雰囲気の3階待合室。ダイナミックにいけられた生花は、週に1度交換されます。


驚くほどゆったりとした造りの培養室


精子を扱うスペースには4つのブース・遠心分離器・顕微鏡があり、フル稼働。顕微授精を行う器械は3台あります。


診療時間

曜日・時間
9:00~12:00
14:00~16:00

★…8:30~13:00
※休診日:土曜日午後、日曜日、祝日

はじめての不妊治療

はじめての不妊治療の方に向けて、「不妊治療とは」「不妊治療の流れ」「治療方法」「運命の病院に出会う5つのコツ」「初めて体験」「パートナー(男性)の不妊について」「不妊治療用語集」をまとめました。

特定不妊治療費 助成金情報

訪問記