不育症とは?

妊娠したものの、2回以上の流産、死産(22週目以降にお腹の赤ちゃんが亡くなること)を繰り返す場合を「不育症」と言います。*
このとき、子宮外妊娠(異所性妊娠)や絨毛性疾患(全胞状奇胎、部分胞状奇胎)は流産回数に含まず、生化学的妊娠(化学流産)も流産回数には数えません。
また、1人目を正常に出産していても、2人目、3人目の妊娠の際に続けて2回以上の流死産を繰り返す場合は、続発性不育症として検査をし、治療を進めることもあります。
とはいえ、流産は妊娠全体の10~15%に起こるといわれ、決してめずらしいことではありません。

*不育症管理に関する提言2021(「不育症管理に関する提言」改訂委員会)より

不育症を疑うのはどんなとき?

決してめずらしいことではない流産ですが、その原因の6~8割は受精卵の染色体異常によるもので、防ぐことはできません。はじめて流産した場合や妊娠10週未満での流産であれば、次の妊娠に影響することは基本的にありません。
ただし、流産や死産を2回以上繰り返した場合や、妊娠10週以降に流産した場合には、不育症の原因がないかどうかの検査をうけるようにしましょう。

不育症の原因って?

  • 中隔子宮や双角子宮など「子宮の形態異常」
  • 甲状腺機能亢進症や低下症などの「甲状腺機能異常」
  • 夫婦どちらかの「染色体の構造異常」
  • 血栓を起こしやすい「凝固異常」

ただ、検査をしても原因がわからない場合も65.3%。リスク因子があったとしても、それが流産に直接関わってくるとは限りません。不育症については、まだ原因を解明したり、予防をするための研究がされている段階で患者さんにとってもわからないことが多いですよね。そこで「もしかして不育症かも?」と悩まれている方から寄せられた質問を不妊治療専門医にお伺いしました!

不育症への助成金制度はあるの?

現在研究段階にある不育症検査のうち、保険適用を見据え先進医療として実施されるものを対象に、検査に要する費用の一部助成がはじまりました。

【助成の対象や助成額】

  • 対象者:2回以上の流産、死産の既往がある方
  • 対象となる検査:先進医療として実施されている不育症検査
  • 実施医療機関:当該先進医療の実施医療機関として承認されている保険医療機関のうち、保険適用されている不育症に関する治療・検査を、保険診療として実施している医療機関
  • 助成額:当該先進医療検査費用に対して、1回につき5万円を上限に助成

※申請手続き等に関してはお住まいの都道府県・指定都市・中核市のHPなどをご確認ください。