【第1回】どうなる? どうする!?現代妊活事情|最新妊活レポート

最新妊活レポート

第1回

どうなる?どうする!? 現代妊活事情

皆さん、はじめまして。
妊活するあなたを応援するライターの高井です。

ただいま妊活中の方、これから妊活を始めようと思っている方に、妊娠や不妊治療に関する情報をお届けしたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

妊活をするカップルにとって、今の日本の状況は、どんなふうだと思いますか?

現在、日本で不妊に悩んだことがあるカップルは6組に1組といわれています。
あなたの周りを見ても、子どもがいないカップルや授かるまでに時間がかかった人は、けっこういるのではないでしょうか?
もちろん、最初から子どもを望んでいない人や、「できたら産むし、できなければ夫婦二人でいい」という人もいるでしょう。

一方で、体外受精・顕微授精などの高度な不妊治療(高度生殖補助技術=ART)によって誕生した赤ちゃんは、日本産科婦人科学会のまとめによると2012年には37,953人を数えます。この年、日本で生まれた子どもは1,037,231人。実に約27人に1人の赤ちゃんがARTで生まれた計算になります。
一般不妊治療といわれるタイミング法や人工授精で妊娠・出産した人も当然多くいるでしょうから、不妊治療によって生まれた子どもが、どれほど多いか推測できますね。

現代は妊娠しにくい環境?!

取材で産婦人科や泌尿器科のドクター、医療関係者、漢方や鍼灸といった妊活にまつわる方々にお話を聞く機会があるのですが、話を聞くほどに、現代は妊娠しにくい状況になっていると感じます。

実は、女性の生殖能力は20代をピークに徐々に落ちていき、35歳を過ぎるとそのスピードが加速するといいます。
また、妊娠・出産が遅くなるために、卵巣が休むことなく排卵・生理を続け、そのために子宮内膜症や子宮筋腫を患う人がふえているといいます。そして、これらが妊娠しにくい原因になってしまうことも・・・。

日本の平均初婚年齢は、2013年には男性30.9歳、女性29.3歳、初めての子ども(第一子)を産む女性の平均年齢は30.4歳。2011年に30歳を超えてから、さらに延びています。

ちなみに、今から35年前の1980年は、女性の平均初婚年齢は25.2歳、第一子出生児の母親の年齢は26.4歳でした。その後、30歳前後で二人目、三人目の子どもを産んだのでは、と考えられます。
つまり、妊娠する力が落ちていく前に、子どもを産み終えていた、ということ。
もちろん、妊娠しやすさに個人差はありますが、大きく捉えて、現代は「結婚した時点で、すでに妊娠しにくくなる年齢に突入している」といえるのです。

(平成25年 人口動態調査より)

さて、今年1月1日に厚生労働省が公表した人口動態統計の年間推計によると、2014年の出生児は100万1000人。正確な数字は今後発表されますが、もしかして100万人を下回るかもしれません。
ちなみに、昨年結婚したカップルは64万9000組。前年より1万組以上も減って、戦後最少とのこと。
赤ちゃんが減っている日本、妊娠しにくい環境の現代・・・。

そんな時代に「自分たちの子どもに出会いたい!」と願い、積極的に行動する皆さんに、私はエールを送ります。
正しい情報をしっかりとつかんで、自分たちが納得して治療をはじめとする妊活をすること、そしてなにより妊活する二人の気持ちを大切に・・・と願っています。
この連載では、そのヒントとなる情報を伝えていきたい、そして、皆さんといっしょに現代の妊活について考えていきたいと思います。

Profile

高井 紀子

編集者&ライター。自らの不妊経験を生かし、2000年より不妊に関する単行本やムック、雑誌、ウェブサイトなどの編集・執筆等を手がける。趣味は温泉めぐりと空を眺めること。不妊体験者を支援する「NPO法人Fine」スタッフ。