【第4回】妊活中の複雑な気持ち、話してみませんか?|最新妊活レポート

最新妊活レポート

第4回

妊活中の複雑な気持ち、話してみませんか?

こんにちは。GW、いかがお過ごしですか?
旅行を楽しんだり、のんびり過ごして、しっかりリフレッシュしてくださいね。

一方で、この季節、親戚の集まりでかけられた言葉に傷ついたり、こどもの日や母の日などのイベントが続いて、ちょっぴりブルーになってしまう方もいるかもしれませんね。

妊活していると、いろんな気持ちが湧いてくるもの。

「頑張ってるけど、なかなか赤ちゃんがやってこないなあ」
「私より後に結婚したAちゃんは、もうママになってる・・・」
「友だちの妊娠報告を素直に喜べない。私ってなんて心が狭いの・・・」

そう、そんなふうに思って当然です。だって、望んでいるのに、努力しているのに、願いが叶わないって、つらいことですから。

こんな気持ち、きっと誰にもわかってもらえない・・・私ってひとりぼっち? ちょっとしんどいなぁ、なんて感じたら、誰かに話すことで心が少し軽くなることも。

とはいえ、話す相手によっては、さらに自分が傷つくことにもなりかねません。

そんなときには、当事者同士の交流やカウンセリングがおすすめです。

気持ちを吐き出すことで心を軽く

不妊当事者による団体、NPO法人Fine(ファイン)~現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会〜では、Fine公認ピア・カウンセラーによる電話相談やカウンセリングなどを行なっています。

「ピア」とは「同じ立場の仲間」という意味で、Fine公認ピア・カウンセラーは全員が不妊体験者。不妊の心理やカウンセリングについて専門的に学び、自らの経験を生かして、同じ体験者の心の支えになろうという人たちです。

妊活中の揺れる気持ちを経験していますから、「親戚のおじさんがこんな言葉を・・・」と言えば、すべてを語らずとも、きっと共感してくれることでしょう。

妊活のこと、夫や周りとの関係、これからの治療をどうしよう・・・など、いろいろな相談ができます。

全国どこからでも利用できる電話相談のほか、面接カウンセリングを各地で実施中(東京・関西・東海・長野・千葉・茨城・札幌・山形など)。

また、「一対一はちょっと・・・」「まずはカウンセリングってどんなものか知りたい」という人にはグループカウンセリングもあります。
それから、妊活後にママなった人のために、生殖心理カウンセラーが同席するグループカウンセリングも。

◆Fineピア・カウンセラーの活動
http://j-fine.jp/activity/counseling/index.html

そして、『あかほし』でも、Fineの「不妊ピア・カウンセラー お悩み相談室」がスタートしました! ぜひ、気軽に相談してくださいね。
http://akahoshi.net/consultation/

また、NPO法人Fineでは、おしゃべり会や懇親会も開催しています。
東京のほか、関西・名古屋・札幌・長野の各支部で随時行なうので、ウェブサイトでチェックを。

私も何度も参加していますが、緊張した表情で来られた方が、笑顔になって帰っていく姿は、いつも見ても印象的です。その足取りが軽く見えるのは、きっと気のせいじゃないはず。

当事者同士で話をしていると、「ああ、私ってこんなことを考えていたんだ」と気がついたり、他の人の話を聞いて、「へえ、そんな考え方もあるのか」と視野が広がることも。
機会があれば、ぜひ一度参加してみてくださいね。

自治体やクリニックの情報もチェック

各自治体には、不妊専門相談センターが設置されています。
内容は自治体により異なりますが、電話や面接相談のほか、メール相談を実施している自治体も。また、おしゃべり会を行なっているところもあるようですから、ぜひ確認を。

◆厚生労働省:全国の不妊専門相談センター一覧
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken03/index.html

この他にも、団体・個人などの相談窓口やおしゃべり会などもあります。
また、クリニックで患者向けに交流会を開いていたり、外部のイベントを案内していることも。通院中のクリニックや地域の案内などをチェックしてみましょう。

妊活中のもやもやした気持ちはひとりで抱え込まないで、気分転換しながら、自分らしく妊活していきましょう。

【耳より情報】
*NPO法人Fine主催「不妊ピア・カウンセラー養成講座(eラーニング)」では受講生を募集中。2015年の「ライセンス取得1年短期集中コース」は6/30申込締切。

NPO法人Fine
http://j-fine.jp/

Fine主催 不妊ピア・カウンセラー養成講座
http://j-fine.jp/e-pia/

Profile

高井 紀子

編集者&ライター。自らの不妊経験を生かし、2000年より不妊に関する単行本やムック、雑誌、ウェブサイトなどの編集・執筆等を手がける。趣味は温泉めぐりと空を眺めること。不妊体験者を支援する「NPO法人Fine」スタッフ。