不妊治療とは|あかほし

病院の疑問

子どもは欲しいけど、病院へ行ったほうがいいの?自然にまかせてはダメ?

体に問題がないか、まずは検査を受けてみるのもいいでしょう。

不妊症の定義とは「特に避妊せず、普通の夫婦生活を2年続けても妊娠しない場合」とされています。この定義にあてはまる場合は、検査を受けることを考えてみましょう。
また女性の年齢も問題です。
年齢が高くなるにつれて妊娠率は下がり、特に30代後半からはぐっと妊娠率が下がります。
逆に35歳頃から流産率や、ダウン症の発症確率は上昇していきます。
“病院へ行けばすぐに妊娠できる”とは限りませんから、少なくとも30代であればまずは検査をすることを検討してみましょう。
また、病院によっては無料の不妊治療説明会を開いている場合もあります。
まずはそこで話を聞いたり、質問したりするのもおすすめです。

病院は婦人科を受診すればいいの? 不妊治療専門の病院へ行くべき?

不妊治療専門の施設なら、より安心です。

かかりつけの婦人科があればそこを受診するのもいいでしょう。不妊治療の最初のステップである一般不妊治療(タイミング法や人工授精)なら、婦人科で行っている場合もあります。
しかし、不妊治療専門の施設であれば、不妊治療に関して知識も経験も豊富なドクターに診てもらうことができるため、より安心だといえます。体外受精などの高度生殖医療にトライすることになった場合も、病院を変えなくていいというメリットもあります。
通院のしやすさ(アクセスや診察時間など)や、どんな治療が中心なのか、治療方針なども考慮して選ぶとよいでしょう。
不妊治療専門の施設の場合、初診は予約が必要な場合があります。病院を選んだら、電話やメールで問い合わせてみることをおすすめします。

病院へ行くと何が分かるの?

不妊原因がないかどうかがわかります。

初診の場合、問診では月経周期や月経の程度、最終月経などを細かく質問されます。
基礎体温表をつけている場合は持参するとよいでしょう。
さらに内診や子宮や卵巣の状態を調べる経膣超音波検査なども行われます。
これらから排卵があるかどうか、子宮筋腫や子宮内膜症などの不妊原因がないかどうかを調べることができます。
不妊治療の専門施設では、基本的な検査に2~3ヶ月ほどかかります。というのも排卵後にしかできない検査などがあるためです。これらの検査によって不妊原因が見つからない場合は、タイミング法からスタートすることになります。