特定不妊治療費助成事業について|あかほし

特定不妊治療費助成事業

不妊治療助成金を申請しよう

1回15万円までを39歳以下は通算6回まで(期間制限なし)、40歳~42歳は通算3回まで(期間制限なし)、43歳以上は助成を受けることができなくなる見込みです。

助成金を受け取るためには、お住まいの自治体への申請が必要になり、申請の方法や期間などは各自治体によって異なるので、治療を受ける予定がある方は早めに確認をしましょう。

平成28年4月1日~行った治療に対して

対象となる方
体外受精及び顕微授精などの特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがない、または極めて少ないと医師に判断された法律上婚姻している夫婦、夫婦合算所得が730万円未満、申請の時点で夫婦の両方または一方の住所が助成を受ける地域であることなどが挙げられます。しかし、こちらも各自治体によって条件が違う場合がありますので、事前に確認しましょう。
申請方法
「特定不妊治療費助成事業」の申請に必要な書類に加え、「特定不妊治療費助成事業」の“承認決定通知書”が必要になります。申請書類をそろえ、担当窓口へ提出しましょう。
申請期限
「特定不妊治療費助成事業」と同じく、当該年度内の場合が多いですが自治体によって期限が変わってきますので申請前に必ず確認しましょう。