専門家Q&A(治療院)東京ボディセラピストサロン院長 山田光敏先生|あかほし

専門家Q&A

東京ボディセラピストサロン

栄養バランスのよい食事やウォーキングなどの適度な運動も卵子の質を上げるのにはとてもおすすめです。


院長
山田 光敏先生

鍼灸マッサージ師。
「子宝マッサージ」、「子宝整体」の元祖として知られる。昭和女子大学オープンカレッジなどで講座を開講中。『子宝マッサージ』(PHP研究所)など著書も多数。

妊娠力を上げるにはどんなことをすればいいのですか?

妊娠力を上げるというのは具体的には“造卵機能”“卵子の質”“受精機能”そして“着床力”を考える必要があります。特に卵子の質のピークは20代前半ですから“卵子の質を上げる”ことが大切になります。それには、就寝時間を早くしたり、飲酒を控えたりなど、日常生活の改善が効果があります。栄養バランスのよい食事やウォーキングなどの適度な運動も卵子の質を上げるのにはとてもおすすめです。

体質を改善すれば妊娠しやすくなるのでしょうか?

「体質改善」とよくいわれますが、実は体質は持って生まれたものなので、改善はできないのです。では、妊娠しやすくするにはどうしたらよいかというと、「卵子の質を上げる」ことがたいせつになります。それには、就寝時間を早くしたり、飲酒を控えたりなど、日常生活の改善が効果があります。今やっていらっしゃるような「栄養バランスのよい食事」やウォーキングなどの「適度な運動」も、卵子の質をあげるのにはとてもおすすめです。

もう一つたいせつなのは、「卵巣機能を上げる」ことで、そのためには血液の流れをよくして、骨盤内の体温を一定に保たなければなりません。ところが、人間は二本足で歩くようになって骨盤内の血流を促す筋肉をあまり使わなくなったので、血流が悪くなりやすいという特徴があります。また、女性は男性に比べて腹筋が薄く、卵巣や子宮がある分、圧迫が起こりやすいので、さらに血流が悪くなりやすい=冷えやすいのです。

こうした冷えを解消するには、おなか全体や下腹部、脚などのマッサージが効果的です。東京ボディセラピストサロンでは、基礎体温指導を行ない、私が独自に分類した7つの月経周期に合わせて、「子宝マッサージ」を施術しています。その方によって「何が妊娠に必要か」は異なるので、それに合わせて、妊娠しにくいサインを改善するストレッチや、お灸なども組み合わせて妊娠力アップをはかります。妊娠がむずかしいといわれた方まで、年間200人以上の方が妊娠しており、昨年は48歳の方も妊娠しています。

東京ボディセラピストサロン

住所 東京都豊島区東池袋1-25-17
ウエストビル3階
アクセス ●JR・東京メトロ・西武池袋線・東武東上線「池袋駅」35番出口より徒歩4分
●東京メトロ「東池袋駅」2番出口より徒歩1分
電話番号 03-3983-8081
診療時間

月~金曜日
11:00~20:30

土曜日・日曜日・祝日
9:20~18:50

HP http://www.tokyobody.jp/