ステップアップを考えていた矢先に、まさかの自然妊娠|SILVAの妊活のハナシ。

SILVAの妊活のハナシ。

第5回

ステップアップを考えていた矢先に、まさかの自然妊娠

タイミング療法に対して、だんだん熱意が下がってきて……

外出先でも体温計を持ち歩き、毎朝欠かさず基礎体温を計っていた私でも、タイミング療法の成果がでないと、どうしても熱が冷めてくる時期があるもので……。もちろん「妊娠したい!」という思いはいつも頭の中にあったけれど、それでも、開始当初と、始めて半年後くらいのテンションはやっぱり違います。

自然妊娠の唯一の方法に感じる、“不自然さ”

それから、排卵日を教えてもらってその日に性行為をする、ということの “不自然さ”も少し気になって。自然妊娠の唯一の方法であるにも関わらず、そのときのお互いの気持ちは少し置いてきぼりにされているような……? 主人に協力してもらうことの難しさを感じると同時に、その不自然さにも疑問を持つようにもなりました。

ステップアップについて考え始めました

それで、タイミング療法を始めて半年が経過した頃には、ステップアップについてもちょっとずつ考えるように。私たちみたいに籍を入れていないと、タイミング療法より先の不妊治療はできないけれど、ゆくゆくはと思っていたので、治療法や費用、病院のことを調べたり、まずは籍を入れていなくてもできる検査についても調べたりして。主人にも相談して、自分からはなかなか言い出せない入籍についてもほのめかしながら、タイミング療法を開始して1年近くになろうかというときには、もう、「次に生理がきたら、検査など一気にいろいろ始めよう!」と思っていたんです。AMH値の検査(※AMHはアンチミューラリアンホルモンの略。卵巣に残っている卵子の数の目安がわかる検査のこと)もしようと考えていたくらい。そうしたら、生理がこなかったんですよ。だからびっくりして。

拍子抜けだった、自然妊娠

あれほどウキウキして妊娠検査薬でフライング検査をしていた私ですけど、そのときにはもう生理はくるものだと思っていて、遅れているぐらいにしか感じていなかったんです。たまたま買い置きの検査薬が残っていたので、なんとなく使ってみたら、ピーッと、もうくっきり陽性反応が! 正直、今考えても、いつの性行為だったか思い出せない……。そのぐらい、なーんにも考えていなかった。気負いもしていなかったし、タイミングも考えていなかった。ただ、仕事上で大きなトラブルがあって、ストレスがなかったわけではないんです。でも、その大きなトラブルが頭を占めていて、一瞬「妊娠」や「出産」のことは頭から離れていました。

からだを温めて免疫力を高めたことがよかった!

体質改善をコツコツやっていて、からだの準備がととのっていたのもよかったのだと思います。そのなかでもとくに、体を温めることは本当に大事! 水分も適度に摂る必要があるので、私はホットヨガをしながら筋肉を適度につけて、体温と同じぐらいの暖かいものを飲んでからだを温めていました。冬でしたけど、手足の冷えも全然なくて、からだがいつもポカポカしてましたよ。あとは、エキナセアというハーブティーを飲んで短期間で免疫をぐっと上げたのは、効果があったかな。ハーブティーって、同じものを飲み続けていると効果が薄くなっちゃうんです。1〜2か月ぐらい飲み続けると、ぐーっと効果が上がってくるんですけど、半年ぐらい経つと今度は逆に落ちてきちゃう。だから効果を持続させるにはハーブの種類を替えたりして続ける必要があるんですけど、エキナセアはちょうど妊娠がわかる2か月ぐらい前から飲み始めていました。

からだづくりと平行して、積極的にママと交流

あと、よく驚かれるのですが、私は妊活中の友だちだけでなく、小さなお子さんがいるママやお腹の大きなママに積極的に会いに行って、いろんな情報をもらっていました。ネットの口コミとかもさんざん見ましたけど、でもね、やっぱり生の声が一番! なかには、いろいろ苦労された結果妊娠した方もいるので、「私はまだできないんですけど、何かされました?」って聞いたりして。大きなお腹をさすらせてもらったり、子守りもしたりしたんですよ。3か月の赤ちゃんを預かって、なにをしてもギャンギャン泣かれて四苦八苦しましたけど (笑)。赤ちゃんを生で見て、お母さんの声を聞いて、子守りをさせてもらって、育児の疑似体験みたいな感じ? 母性も刺激されます。それが今でもよかったと思います。

伊勢神宮でパワーもゲット!?

伊勢神宮にある子安神社が「ご利益があるらしい!」って知ったのも、そうやってネットワークを広げていったことで耳に入ってきた情報です。ちょうど名古屋に仕事で行くことがあったときに立ち寄りました。小さな社が2つあって、その後ろに木があるんですけど、蔦が絡まっていてね、それがまるで子宮のへその緒みたいなんです。なんかすごく圧倒されちゃって、寒い季節でしたけど、2時間ぐらいぼーっと見ちゃって……。流産したことや、もし機会があればまた赤ちゃんをほしいと思っていることを伝えて、私、2回もお参りしちゃいました。懇願するというよりも、今までの気持ちを報告する感じで、これまで主人にも友だちにも話せなかったことを神様相手に吐き出せたというか、不思議な力をもらったかどうかはわからないけど、自分の気持ちに整理がつきました。

どうして妊娠できたか、実際のところはわからないけれど、妊活中は本当に無駄な時間はなくて、すべてが今につながっていると実感しています。出産や妊娠に関してもいっぱい勉強して知識も増えたけど、もっと時間がほしかったと今では思うぐらい。もちろん、焦る気持ちもすっごくわかるし、私自身も焦ったけれど……、今思うとそんなに焦る必要はなかったんじゃないかって、そのぐらいいろいろなことができたし、できる、濃密な時間でした。

次回からは、SILVAさんにみなさんからの質問に回答していただきます。

Profile

SILVA(シルバ)

アーティスト。1998年にデビュー以降、歌手やDJとしての活動にとどまらず、バラエティ、ドラマ、ラジオ、舞台などでも活躍。2008〜2011年はニューヨークで音楽活動を行う。2011年より再び活動の場を日本に移す。2015年7月に結婚と妊娠を発表。同年12月23日に長女出産。