森戸大明神

神奈川県三浦郡葉山町堀内1025
046-875-2681

  • 境内

  • 森戸の夕照

  • 本殿

  • 例祭風景

お気に入り登録

子宝石のパワーを全身に取り込んで子宝祈願♡

 森戸大明神は源の頼朝が創建した数少ない神社のひとつで、葉山の総鎮守として知られています。境内には子宝・安産の神様として有名な「水天宮」があり、「まいられよ 子宝の福 さづかりに」と刻まれた石碑も。その中に置かれた左右2つの子宝の石をなでて祈願すると、特別なご利益があるといわれています。
 子授けのお守りといっしょに分けていただける「子宝石」は、神棚な寝室にお祀りし、毎日お祈りすると子宝に恵まれると言い伝えられているありがたい石。ぶじに妊娠したらお宮参りの際に、子どもの名前を書いてお戻しします。
 森戸大明神は森戸海岸沿いの高台にあり、天気のいい日は富士山も眺められるロケーションも大きな魅力。そこにいるだけで清らかな気持ちになれます。


  • 子宝グッズあり
  • 子宝(子授け)を願う
  • 家内安全を願う
  • 安産を願う
  • 子どもの成長を願う

由緒

 今から約850年前の永暦元年(1160年)、平治の乱に敗れ伊豆に流された源頼朝公は、三嶋明神(現在の静岡県・三嶋大社)を深く信仰し源氏の再興を祈願しました。
 治承4年(1180年)、そのご加護により旗挙げに成功し天下を治めた頼朝公は、鎌倉に拠るとすぐさま信仰する三嶋明神の御分霊を鎌倉に近いこの葉山の聖地に歓請し、長く謝恩の誠をささげたと伝えられています。「吾妻鏡」によれば、歴代将軍自らこの地を訪れ、流鏑馬、笠懸、相撲などの武事を行ったといいます。
 災厄が生じると加持祈祷が行われ、七瀬祓の霊所としても重要な地であったと記され、源氏はもとより鎌倉要人からも篤い信仰があり、特に三浦党の祈願所でもありました。また、北条、足利諸氏の崇敬も篤く、天正19年(1591年)には徳川家康公より社領七石が寄進されました。
 延宝2年(1674年)に徳川光圀公、明治25年(1892年)には英照皇太后陛下のご参拝を仰ぎました。
現在も葉山の総鎮守として、町内はもとより近郷近在より多くの参拝者が訪れています。(神社庁指定神社)

おすすめポイント

子宝石

水天宮の左右にある丸い「子宝石」をなでてお参りすると子宝に恵まれると言い伝えられています。「子授御守」(初穂料1000円)といっしょに、水天宮の裏にあるたくさんの子宝石から好きな石を持ち帰ることができます。


境内の裏手から見える赤い鳥居も縁起物!?

赤い鳥居が目印の沖合に浮かぶ小さな「名島」。気象条件がよければ年に2回(4月と9月)、名島の向こうに「ダイヤモンド富士」を望むことができます。神社周辺には、朱赤が美しい「みそぎ橋」や、樹齢800年のご神木など見どころもいっぱい。


インフォメーション

2018.08.23
毎年5月4日に執り行われる水天宮の例祭には、赤ちゃんを授かりたいと願うご夫婦、安産を願うご夫婦、無事出産できたご夫婦やご家族などがお参りされ、賑わいを見せます。

費用

※子授祈願は基本的に予約制です。
※お電話にてご予約下さい。
※子授祈願はご夫婦揃って受けられますことをおすすめしておりますが、どちらかお一人のご来社でもお受けいただけます。

※料金は標準的な金額を掲載しております。詳細につきましては、各施設のHPまたは直接お問合せください。

基本情報

森戸大明神

住所 神奈川県三浦郡葉山町堀内1025
電話番号 046-875-2681
時間 9:00~16:00
アクセス JR横須賀線「逗子駅」より車で約10分
HP http://www.moritojinja.jp/

facebook twitter line

その他周辺情報