梅宮大社

京都府京都市右京区梅津フケノ川町30
075-861-2730

またぐと子宝に恵まれるという神秘の石が鎮座

四季折々で美しい庭園を楽しめる梅宮大社。御祭神の一柱が子宝安産の神様、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)であることから、子授け神社として知られています。有名な「またげ石」は神域の奥、本殿の横に鎮座する神秘的な石で、またぐと子宝に恵まれるという言い伝えが。檀林皇后がまたいだところ、皇子(のちの仁明天皇)を授かったことが由来と言われています。


  • 子宝グッズあり
  • 子宝(子授け)を願う
  • 家内安全を願う
  • 安産を願う
  • 子どもの成長を願う

由緒

創建は平安時代前期。橘諸兄(もろえ)の母、縣犬養三千代(あがたのいぬがいのみちよ)の創祀といわれ、古くは四姓(源平藤橘)の1つ、橘氏の氏神。酒造安全と子孫繁栄を祈願した神社として知られています。檀林皇后がここに祈願し、初めて皇子をもうけたことから、子授けの神としても有名に。境内には「またげ石」や産砂を受ける風習があります。

おすすめポイント

子授けの「またげ石」

夫婦いっしょに子授けの祈祷を受けるとまたぐことができる「またげ石」。本殿の横にある神秘的な石で、またぐと子宝に恵まれるといわれています。


授子(子宝)守セットもいただけます(1600円)。


インフォメーション

お知らせはありません。

費用

授子祈願

〈受付 〉9︙30~16︙30(夫婦そろってのみ受付)
〈初穂料〉7000~7500円
祈祷についての お問い合わせは gu-ji@umenomiya.or.jp まで

※料金は標準的な金額を掲載しております。詳細につきましては、各施設のHPまたは直接お問合せください。

基本情報

梅宮大社

住所 京都府京都市右京区梅津フケノ川町30
電話番号 075-861-2730
時間 9:00~17:00(16時30分受付終了)
アクセス 阪急電車嵐山線「松尾大社」駅より徒歩15分、JR「京都」駅より市バスで35分、名神高速道路「京都南IC」より車で25分
HP http://www.umenomiya.or.jp/

facebook twitter line

その他周辺情報