桜の芽クリニック(東京都新宿区)

田中(西) 弥生先生

院長 田中(西) 弥生 先生

1997年、日本医科大学卒業。日本医科大学産婦人科学教室に入局、2004年に医学博士取得。06年より杉山産婦人科に勤務。17年4月、桜の芽クリニック開院。20年にわたる不妊治療医の経験を生かし、日々の診療にあたる。女性目線のていねいな診療とおだやかな人柄で信頼が厚い。日本生殖医学会認定生殖医療専門医。

一人一人に合わせた体外受精の卵巣刺激法と
ステップミックスの方針で治療を提案

体外受精の卵巣刺激は一律の方法ではなく
その人に合わせて選択

待合室の雰囲気

院内は白をベースに、桜を連想するような淡いピンク色で統一されています。受付や待合室は明るい雰囲気。

2017年4月にオープンした桜の芽クリニックは、JR・地下鉄の高田馬場駅から徒歩1分とアクセスのよい場所にあります。朝8時から診療しているので出勤前に立ち寄ることができ、週2回は19時まで診察と、忙しい女性も通いやすい環境。大学病院で10年、産婦人科クリニックの生殖医療科で10年、計20年以上にわたり不妊治療に携わってきた田中(西)弥生先生が、その経験をいかして、一人一人に合わせたきめこまかい治療にあたっています。

「採卵するためにさまざまな卵巣刺激法がありますが、当院では一律の方法ではなく、その人の状況に応じて方法を決定します。卵の成長を見極めてベストな日に採卵するため、土曜・日曜も対応しています」と田中先生。

1回目の体外受精で妊娠に結びつかないこともありますが、1度の体外受精で結果がでないからと転院してしまうのはもったいないと言います。「うまくいかない時こそ不妊の原因を追究できるチャンス。何がうまくいかなかったのかを検討します。例えば、超音波検査で卵胞の大きさを測り、採血でホルモン値を調べて採卵日を決めますが、実際に採卵すると卵胞内を吸引しても卵子がすっと吸い込まれないことがあります。微妙な手応えなのですが、卵子の成熟が十分でなかったと考えられます。その場合、次の採卵に向けて排卵誘発剤を変更したり、採卵をもう1日のばしたりすることも考えます」

データには表れない繊細な感覚を今後にいかすのは、長年の治療経験がある田中先生だからこそできることです。

また、良好な受精卵を2回移植しても妊娠しない場合、着床不全の可能性を考え、検査を勧めています。「検査は二つあります。一つは子宮内膜炎の検査で、子宮内から組織を採取して病理検査を行なうもの。もう一つは採血による免疫の検査です。これらの検査をすると3〜4割のかたに何らかのトラブルが見つかりますが、いずれも投薬で治療が可能です」

より良好な胚を選択するため
受精卵の成長過程がわかるタイムラプスを導入

田中先生と看護師、胚培養士、受付の皆さん

田中先生と看護師、胚培養士、受付の皆さん。スタッフが一丸となって、妊娠をサポート。印象的なクリニック名には「桜が咲く日を待つように」という、希望あふれる思いが込められています。不妊治療20年以上のキャリアを持つ田中先生が、カップルにとってベストな治療を提案します。

受精卵がどのように成長していくか、画像を記録するタイムラプスを導入しています。「受精卵の分割は2細胞、4細胞、8細胞と倍に増えていくのですが、中には3つに分割するケースもあります。これまでわからなかった成長の過程が見えるので、より良好な胚を戻すことに役立つと考えています」

また、数回トライしても妊娠しない場合、胚の2段階移植を行なうことも。採卵(排卵)から3日目と5〜6日目に胚を1個ずつ戻す方法で、最初の胚移植の刺激により子宮が着床の準備を進めると考えられています。

「そのほかにも、受精卵が胚盤胞まで育たないケースがあるので、長期培養せずに採卵から2〜3日目で戻すことも。胚凍結も3日目の胚、胚盤胞など、状況に応じて柔軟に行なっています。患者さんがどのように治療に取り組んできたのか、仕事の忙しさなどの状況も汲んで接しています」

一人一人とじっくりと寄り添う姿勢は、夜間診療で胚移植を行なうといった柔軟な対応にも表れています。

どの周期も無駄にしないよう体外受精だけでなく、ステップミックスを提案

リカバリールーム

採卵や移植後に休憩するリカバリールーム。プライバシーに配慮した完全個室。

一般的に不妊治療は、タイミング法から人工授精、体外受精へとステップアップすることが多いものです。しかし、田中先生は治療の段階にこだわらず、適切な治療を行なう「ステップミックス」を推奨しています。

「体外受精に進むと、タイミング法や人工授精では妊娠に結びつかないと思いがちですが、不妊原因がわからないのであれば、正確な排卵日に合わせることで人工授精やタイミング法でも妊娠の可能性はあります。体外受精の合間に人工授精をするなど、その周期にできる最善の治療を提案します」

桜の芽クリニックでは、すべての治療を田中先生が監修しています。数名の医師が診察する施設では医師によって説明が違い、患者が戸惑うこともありますが、ここではその心配もありません。

クリニックの特長

  • 体外受精の卵巣刺激法はその人に合った方法を選択
  • 集団での治療説明会は行なわず個別に対応
  • 胚移植は夜間の診療でも可能。仕事との両立を応援
  • タイムラプスを導入し、AIの情報を加味した最先端の胚評価を導入

先生からのメッセージ

開院からもうすぐ3年、2019年は500周期の採卵をお任せいただくまでになりました。当院では一律のやり方ではなく、胚盤胞移植以外に2-3日目の初期胚移植や、条件が満たされれば新鮮胚移植も行なっております。患者様の背景は多岐に渡りますので、プライバシ―に配慮し集団での体外受精説明会は行なわず、パンフレットや動画を活用し個別に対応しておりますのでご相談ください。

胚培養士の皆さん

胚培養士の皆さん。取り違え防止のバーコードによるチェックを導入するとともに、作業の際には2名以上でのダブルチェックを必ず実施。

培養室

培養室では、胚培養士によって卵子や精子、受精卵がたいせつに管理されています。

顕微授精

顕微授精もここで行なわれています。

住所 東京都新宿区高田馬場3-3-3 NIAビル4階
電話番号 03-6908-7740
アクセス JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿線「高田馬場駅」より徒歩1分
URL https://sakuranome.tokyo/
診療時間
8:00~
13:00
17:00~
19:00
- - - - - -

月曜・水曜8:00~15:00、土曜8:00~13:30
△…指定したかたのみ対応