35才からの妊活のポイント

最短距離で妊娠したい! 35才からの妊活のポイント

35才からは高齢出産。
タイムリミットを意識して早めの決断を!

晩婚化やキャリアを積む女性がふえている今、妊活をスタートする年齢もどんどんあがってきています。高齢で妊娠・出産する有名人もふえてきているので、「私もすぐに妊娠できる!」と思う人もいるかもしれません。しかし、年齢があがるほど妊娠はどんどんむずかしくなっていきます。

日本産科婦人科学会のデータ(2015年版)をみてもそれは明らかで、体外受精にトライしているかたで、妊娠・出産した数は35才を過ぎたあたりからどんどん減少。20代半ばから30才までの生産率(赤ちゃんが生きて生まれる率)は30才までは20%以上ありますが、37才では15・5%、38才では13・5%、39才では11・2%と急激に減少しています。逆に流産率は上昇し、33才までは20%を切っていますが、38才では26・7%、39才では30%になっています。

つまり、35才は妊娠しづらくなっていく境目の年齢ということ。たとえ生理が順調にきていて、婦人科で大きなトラブルを指摘された経験がなくても、卵子は確実に年をとっていて、妊娠しづらくなっていることを理解しなければなりません。

とはいえ、不妊治療の技術は年々進歩していますから、信頼できる先生を見つけて、前向きに治療に取り組むことがたいせつです。ふだんの生活も〝妊娠しやすい体になること〞を意識して生活し、食事や運動、冷えなどには特に注意しましょう。漢方薬を取り入れたり、鍼灸などを取り入れるのもいいですね。ただし年齢を重ねれば重ねるほど、卵子は老化しその数は減っていきますから、スピード感をもって妊活をすることがたいせつです。

また卵子ほどではありませんが、男性の精子も多少は老化していきますから、男性も最初から一緒に受診する必要があります。妊活することを決めたら、できるだけ早く夫婦で病院を受診するようにしましょう。

【監修】とくおかレディースクリニック
院長 徳岡 晋 先生

35才の妊活5つのポイント

最短距離で妊娠したい!
35才からの妊活におすすめの施設を紹介します

とくおかレディースクリニック 院長 徳岡 晋先生

とくおかレディースクリニック
院長 徳岡 晋 先生

高度な最新技術と真心で子宝を望むカップルに最善の治療

詳細はこちら

立川ART レディースクリニック院長 右島 富士男

立川ART レディースクリニック
院長 右島 富士男 先生

胚培養のエキスパートとともに幸せの実感できる医療を目指す

詳細はこちら

新宿加藤鍼灸院・整骨院 代表 加藤 雅彦院長

新宿加藤鍼灸院・整骨院
代表 加藤 雅彦 院長

カラダの若返りにより良質な卵子を育てましょう

詳細はこちら

しんそう一宮新生 院長 中尾 有希さん

しんそう®一宮新生
院長 中尾 有希 さん

体の左右のバランスをととのえることで、さまざまな不調を改善し体を根本から変える

詳細はこちら

一陽館薬局 薬剤師 かしたに 陽子さん

一陽館薬局
薬剤師 かしたに 陽子 さん

不妊治療中、検討中の急ぎたいかたに、おすすめ!漢方のサポートが、治療効果をぐっと高めます

詳細はこちら


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2018 あかほし. ALL RIGHTS RESERVED.