授かり体質を目指す 木下由梨のウミヨガ

12月のテーマ

アンチエイジング効果が高いポーズでホルモンバランスも整えましょう。

アンチエイジングのためには、体全体が柔軟であることが大切です。

血液が心臓へと返ってくるためには筋肉の力が必要です。つまり筋肉が柔軟であれば、筋ポンプが働きますから、心臓の負担を減らすことができるほか、全身の血流をよくすることもできるのです。全身の血流が良くなれば、骨盤内の血流も改善され、ホルモンバランスも整います。

たとえば1つめの前屈のポーズ。脚の後ろ側が縮むと、脚の末端から骨盤への血液が返ってきにくくなり、骨盤内の血流も悪くなってしまいます。筋肉を柔軟にして、血液のめぐりをよくしましょう。

前屈のポーズ

両足を伸ばして座ります。

右のかかとを会陰につけて、ひざを開いて座ります。

左手の指2本を、左足親指にひっかけます。

右手は左足裏を上からつかむようにします。

息を吸って、吐きながら股関節から体を折り曲げます。太ももに胸がつくように、ひじが床につくようにします。

息を吸いながら体を起こして、左足は伸ばしたまま左のかかとが浮くように引き上げます。

手を離して力を抜きます。これを3回繰り返します。逆の足も同じようにして3回繰り返します。

両足を伸ばします。

両手の指2本で、それぞれの足の親指をひっかけます。

息を吸いながら、両足のかかとが浮くように引き上げます。

息を吐いて、股関節から体を折り曲げます。

体の力を抜きます。

ココがポイント!

上半身を曲げるとき、背筋を伸ばして股関節から体を折ることを意識しましょう。背中が丸くなっている状態はNGです。

また、手が足指に届かない場合は、ふくらはぎのあたりに手をおいてください。

鋤(すき)のポーズ

仰向けになります。両手は体の横に、手のひらは床につけます。

息を吸って、足を90度まで引き上げます。息を吐きます。

息を吸って、床と足が平行になるところで止めます。息を吐きます。

息を吸って、足のつま先を床につけます。ここでやわらかい呼吸をしながら1分キープします。

息を吸って、足が平行になるところまで戻します。息を吐きます。

息を吸って、足を90度のところまで戻します。息を吐きます。

息を吸って、腹筋を使って足をゆっくりと床に戻します。

ココがポイント!

足を上記のようにあげられない場合は、息を吸って、吐きながら足を上に引き上げ、手をおしりにまわして、持ち上げても構いません。足先が床につかなくても、気持ちよく持っていけるところまで足を運びましょう。

さかなのポーズ その2

両足をそろえて、仰向けになります。

両ひじをしめて、両手を軽く握ります。息を吐きます。

軽く頭を転がすようにして、ひじに力を入れながら、軽く息を吸って胸を上げます。

さらに深く吸って胸を上げます。

めいっぱいまで深く吸って胸を突き上げます。ここで息を止めて苦しくなったら、全身の力を抜きます。これを3回繰り返します。

ここがポイント!

3回に分けて胸を上げるとき、息も3回にわけて吸っていきます。またかかとを床から離さないようにしましょう。

木下由梨 先生

一般社団法人ウミ理事。ヨガを基本に、整体、ピラティス、鍼灸、食養生や心理学をとりいれいた指導を行う。45年以上にわたり1万人を超える体質改善を行う。

<ウミヨガ 東京スタジオ>

東京都世田谷区上馬5-15-15
03-5433-2555
http://umiyoga.com/

<ウミヨガ 大阪スタジオ>

大阪府茨木市春日1丁目4-13 明日香ビル4F
090-1899-6706
http://yogaplusone.com/umiyoga/

◆衣装協力 チャコット

http://www.chacott-jp.com/j/

コチラもチェック

『DVDつき 妊娠力を上げる!ウミヨガ』

https://www.amazon.co.jp/dp/4072991929/akahoshi0c-22/ref=nosim

大好評6刷り! 妊娠しやすい体に導くオリジナルプログラムを収録。