授かり体質を目指す 木下由梨のウミヨガ

3月のテーマ

全身をしなやかに反らせて、女子力アップを図りましょう。

今月は猫のポーズ3種をご紹介します。

ヨガのポーズには、いろんな動物の形を真似たものが多くあります。これは動物の力強さや柔軟さを手に入れたいと思ったことから生まれたものです。今回紹介する「猫」は柔軟度が高い動物ですから、「猫のポーズ」も背骨を柔軟にすることができるポーズです。

背骨の横には自律神経が通っていますから、背骨を柔軟にすることで自律神経が整い、ホルモンバランスが整います。さらに背骨を柔軟にすることで姿勢がよくなり、バストアップ・ヒップアップにも。猫のポーズで、女子力をアップさせましょう!

猫の変形(胸を反らせる)ポーズ

四つんばいの姿勢になります。両手は肩幅、両足は腰幅に開き、足の甲は床につけるようにして、息を吐いておきます。

息を吸いながら、両手を組んで、組んだ手の上にアゴをのせ、アゴを前に張り出して、胸を床に押し付けるようにします。5~7秒間はこのままキープ。

息を吐きながら、組んだ手の上におでこをのせ、全身の力を抜きます。

ココがポイント!

②のとき、胸を床に押し付けるようにしてください。このとき、胸は開きますが、肩甲骨同士は寄っています。

猫のバランスのポーズ

四つんばいになり、肩の真下に手のひらがくるように、足は股関節の真下にひざが来るようにして、息を吐いておきます。

息を吸いながら、右手と左足を上に引き上げます。右手と左足が引っ張り合うようなイメージで伸ばします。このとき、腰が反らないように注意。

右手と左足を元に戻し、息を吐いておきます。

息を吸いながら、左手と右足を上に引き上げます。左手と右足が引っ張り合うようなイメージで伸ばします。

ココがポイント!

②と④のポーズでは、お腹にしっかりと力を入れましょう。力をいれないでいると腰が反ってしまい、手と足が一直線になりません。

NGポーズ

猫~ダウンドッグのポーズ

四つんばいになり、肩の真下に手のひらがくるように、足は股関節の真下にひざが来るようにして、息を吐いておきます。

目線は上へ、背中を反らせて、めいっぱい息を吸い込んでおきます。

足の指をたてます。

背骨全体を伸ばすことをイメージしながら、尾骨を天に向けて突き上げます。

息を吐いてかかとを下ろします。

手と腰が引っ張り合い、腰と足裏が引っ張り合うようなイメージで、息を吸いながらつま先をあげます。

息を吐いてひざを折って、①のポーズに戻します。

ココがポイント!

④のとき、両手のひらと足裏は大地を押すようなイメージで。背中を反らすのはNGです。手、腰、足でキレイな三角を作ってください。

NGポーズ

木下由梨 先生

一般社団法人ウミ理事。ヨガを基本に、整体、ピラティス、鍼灸、食養生や心理学をとりいれいた指導を行う。45年以上にわたり1万人を超える体質改善を行う。

<ウミヨガ 東京スタジオ>

東京都世田谷区上馬5-15-15
03-5433-2555
http://umiyoga.com/

<ウミヨガ 大阪スタジオ>

大阪府茨木市春日1丁目4-13 明日香ビル4F
090-1899-6706
http://yogaplusone.com/umiyoga/

◆衣装協力 チャコット

http://www.chacott-jp.com/j/

コチラもチェック

『DVDつき 妊娠力を上げる!ウミヨガ』

https://www.amazon.co.jp/dp/4072991929/akahoshi0c-22/ref=nosim

大好評6刷り! 妊娠しやすい体に導くオリジナルプログラムを収録。