転院したいのですが、ドクターに言い出しにくいです…【最短ルートで妊娠したい!妊活Q&A】 | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 基礎知識 転院したいのですが、ドクターに言い出しにくいです…【最短ルートで妊娠したい!妊活Q&A】

転院したいのですが、ドクターに言い出しにくいです…【最短ルートで妊娠したい!妊活Q&A】

2023/09/04 公開

妊活を始めるにあたって知っておきたいのは、最新の治療や、妊活の新基準。

今回は、最短ルートで妊娠するために知っておきたい「基本のQ&A」。神谷レディースクリニック岩見菜々子先生が教えてくれます。

関連記事:ふたりの希望をかなえるクリニックを探そう!最新ガイド

【質問】「転院したい」ドクターは気分を害したりしない?

検査データを開示してもらうことは患者の権利です

医師&スタッフは、患者さんにストレスなくできるだけ早く妊娠してもらうことを望んでいるので、「気分を害する」ことはまずありません。

「転院したい」と言い出しにくいから、紹介状なしで別の病院へ…と考える方がいますが、それはとてももったいないこと。情報があるほうが、転院先での治療がスムーズに進みます。

治療内容を開示してもらうことは患者の権利なので、検査データだけでも、ぜひもらってください。どうしても言いづらい場合は、転院先に診療明細(診療明細には治療内容が明記されています)を持参しましょう。

あわせて読みたい記事
人気のクリニックが自分に合うとは限らない…?通院が苦痛に
信頼できるドクターに出会うためにできること【妊活卒業生体験談】

2005年札幌医科大学医学部医学科卒業後、初期・後期研修を終え、09年より札幌医科大学附属病院産婦人科にて在籍。その後11年より、札幌近郊の二つのクリニックに勤務。14年6月より神谷レディースクリニック勤務。日本産科婦人科学会認定専門医、日本生殖医学会 生殖医療専門医、日本抗加齢医学会 抗加齢専門医。「多くのみなさんができるだけ早く妊娠できる不妊治療がモットーです!」

Twitter LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる