次なる一手「セカンドオピニオン」へと動き出します/不妊治療記ロード・オブ・ザ・ベビー#31 | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 体験談 次なる一手「セカンドオピニオン」へと動き出します/不妊治療記ロード・オブ・ザ・ベビー#31

次なる一手「セカンドオピニオン」へと動き出します/不妊治療記ロード・オブ・ザ・ベビー#31

2021/06/04 公開
2023/07/03 更新

画像ギャラリー

不妊治療のすえに、男の子のママになったまんぼうさん。
妊娠を意識してから判明したのは、低AMH、高FSH、早期閉経、卵管水腫などなど。平坦ではない妊娠までの道のりを連載でお届けします。

これまでのおはなしはこちら
【#1】 【#2】 【#3】 【#4】 【#5】 【#6】 【#7】 【#8】 【#9】 【#10】 【#11】 【#12】 【#13】 【#14】 【#15】 【#16】 【#17】 【#18】 【#19】 【#20】 【#21】 【#22】 【#23】 【#24】 【#25】 【#26】 【#27】 【#28】 【#29】 【#30】

卵管造影検査で見つかったのは、卵管水腫、卵管閉塞…。
以前おこなった通水検査では見つからなかった結果に動揺しまくりのまんぼうさん夫婦。一体どうなる…?

第31話

不妊治療貯金が尽きかけているため、またイチから採卵などする余力がないのです…!

セカンドオピニオンに向けて動き出します!

次ページ> セカンドオピニオン。まんぼうが向かったのは?

関連タグ

PROFILE
PROFILE

29歳で自己流のタイミング法で妊活をスタート。31歳で転院した不妊治療専門クリニックで早期閉経の診断されます。その後、9回目の採卵ではじめて胚盤胞ができ、33歳で移植し妊娠が判明します。ブログには不妊治療後の妊娠記録も詳細かつコミカルに描かれていて参考になります!
ブログ「まんぼうのロード・オブ・ザ・ベビー(不妊治療からの妊娠記録)」 https://ameblo.jp/bumanbou/

まんぼうさんの不妊治療体験を綴ったマンガが、待望の電子書籍化!
『妊活マンガ 不妊治療体験記「ロード・オブ・ザ・ベビー」~すぐに妊娠できると思ってました編~』は各種電子書籍ストアで発売中。

Twitter LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる