MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 不妊治療 知っていればこわくない。体外受精の治療法と進め方【麻布モンテアールレディースクリニック】

知っていればこわくない。体外受精の治療法と進め方【麻布モンテアールレディースクリニック】

2023/08/01 公開
2023/10/01 更新

画像ギャラリー

監修
麻布モンテアールレディースクリニック

院長
山中 智哉 先生

麻布モンテアールレディースクリニック
体外受精を成功に導くには、高い採卵技術と 的確な排卵誘発方法が必要です

治療のどの段階にあるのかを把握することが大切

一般的なタイミング法や人工授精と比較して、体外受精には複雑なイメージを持たれるかたも少なくないと思います。けれど、体外受精も女性の生理周期に合わせて治療が進められていきますので、それを念頭において考えますと、治療についても理解しやすくなります。

「体外受精の流れ」では、体外受精がいくつかの段階に分かれていることを表しています。治療を受ける際に、今どの段階にいるのか、次にどういう段階があるのかということを理解していると、治療に対する不安も軽減できると思います。

体外受精は、卵子と精子を受精させ、その受精卵を子宮に戻すことがその本質ですので、母体となる女性の体の状態が大切なことは、タイミング法や人工授精と同じです。それぞれの患者様ご夫婦で、不妊の原因の背景が異なります。その違いによって、各段階における治療方法に工夫が必要になることがあります。

主治医は、その治療内容について具体的に説明する必要がありますし、患者様も疑問に思ったことを医師に質問し、相互に信頼関係を築きながら治療に取り組んでいくことが大切です。

人工授精と体外受精、どう違う?

体外受精と人工授精は名前が似ているので、よく混同されがちですが、その内容は大きく異なります。
妊娠が成立するためには、以下の点に留意が必要です。

①実際に精子が卵子まで到達できているのか?

②正常受精が成立したのか?

③その後、どのように発育したか?

④正しく子宮までたどり着いているのか?

人工授精では、上記の状態を確認することはできません。一方、体外受精の場合は、受精を確実に成立させるために、卵子を体外に取り出して、精子と受精を成立させてから子宮の中に戻すことで、①~④までを確認できることが、人工授精より優位な点となります。

こんな人は体外受精・顕微授精の検討を!

卵管に問題を指摘されたことがある

骨盤内の癒着や、過去の子宮外妊娠の手術などによって両側の卵管が閉塞したり、閉鎖している場合には、体外受精による不妊治療が必要となります。

子宮内膜症を指摘されたことがある

子宮内膜症とは、子宮筋層や卵巣、骨盤内などに子宮内膜由来の組織が波及した状態で、炎症が強まると癒着などによって不妊症の原因となります。この炎症によって卵管閉塞などの影響を受けると、妊娠しにくい状況になることがあります。

精子が少ない※1と指摘された

精子の数の問題(乏精子症・無精子症)、精子の運動性の問題(精子無力症)といった男性因子によって、体外受精・顕微授精が必要となる場合があります。精子が少ない※1と指摘された。
※1:乏精子症・無精子症

抗精子抗体が陽性と指摘された

女性の血液中に、抗精子抗体が産生されると、腟内や子宮内に入ってきた精子の運動を止めてしまうことによって、自然妊娠や人工授精での妊娠が難しくなります。血液検査でわかり、陽性の場合は自然妊娠の可能性はきわめて低くなり、体外受精が必要になります。

AMH※2が低い※3と指摘されたことがある

AMHとは卵巣内に残っている卵子の数を反映するホルモンです。時に年齢が若くてもAMHが低いことがあり、体外受精を優先した方がいい場合があります。また将来の妊娠のために、受精卵を凍結しておくという意味もあります。
※2:抗ミューラー管ホルモン ※3:1.0ng/ml未満

人工授精を5回以上行なっても、妊娠に至らない

人工授精で妊娠されるかたは、5回目までに妊娠される率が高いことが報告されています。不妊の原因が明らかでなくても、体外受精に治療を変更することでよい結果につながることもあります。

自分にあった方法を選択「体外受精の流れ」

1卵巣刺激
採卵前の準備として卵胞の発育を促します
卵巣刺激の強さについては、クリニックや医師の方針によって異なります。自然周期ではひとつの卵子を採取しますが、卵巣刺激を行う場合には、ひとつの周期で複数個の卵子を採取することが目標となります。

2採卵
育った卵胞から、卵子を採取します
超音波で確認しながら、細い針で卵胞を穿刺して、卵子を吸引します。要する時間は、採卵数により5~20分程、局所麻酔や静脈麻酔で痛みを抑えながら行います。

3受精
卵子と精子を受精させる「体外受精」と「顕微授精」があります
体外受精…卵子の周りに精子をふりかけ、自然に受精させる方法。
顕微授精…顕微鏡で見ながら、ひとつの卵子にひとつの精子を入れる方法。

4培養
受精卵を発育させます
適切な環境に保たれた培養庫の中で、受精卵が正常に発育するかどうかを確認します。
培養日数により、分割期胚(受精後2~3日目)、胚盤胞(受精後5~6日目)と呼ばれ、どの時点で子宮内に戻すかということも治療方針として大切なことになります。

5胚移植
子宮の中に、受精卵(胚)を戻します
胚の状態により、大きく2つの移植方法に分けられます。
新鮮胚移植…採卵をした周期の黄体期に胚移植する方法。
融解胚移植…採卵をした周期では受精卵(胚)を凍結し、別の周期に融かして胚移植する方法。
子宮内膜やホルモンバランスを整えて移植できることが利点。

6妊娠判定
血液検査でHCGを測定し、妊娠判定を行ないます。
妊娠している場合、胚移植をしてから7日前妊娠判定 後で血液中にHCGを測定することができます。

『赤ちゃんが欲しい(あかほし)』は、主婦の友社が運営する妊活・不妊治療のお悩み解決メディア。ドクターや専門家監修の信頼コンテンツを中心に「妊娠したい」を全力サポートします。全国のクリニックや施設の検索もラクラク。

X LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる