MENU
TOP 体験談 不妊治療の大先輩は身近なところに…。家族を再考した自粛期間 【ただいま進行中!アラフォー妊活記録#4】

不妊治療の大先輩は身近なところに…。家族を再考した自粛期間 【ただいま進行中!アラフォー妊活記録#4】

体験談
2021/04/24 公開
2023/05/12 更新

画像ギャラリー

アラフォーのリアルな妊活・不妊治療をつづった、あかほしオリジナル連載。あかほし主婦ライターのミキが「40代 不妊治療」のリアルを書いていきます。

↓これまでの妊活記録はこちら
#1 #2 #3

もしかしたら、今が不妊治療再開のチャンスなのかもしれない

3回までと回数制限されていた人工授精が実ることなく終わり、完全に不妊治療に対するモチベーションを失った私は、またヌルリといつもの日々へ。

仕事をして大好きなお酒を飲み、靴下を脱ぎ捨てて裸足生活、腹巻きやデカフェ生活もやめました。

たった半年ほどの不妊治療だったとはいえ、そこはかとない開放感!

…とはいえ、子どもを持つ未来を手放したというわけでもありませんでした。

のんきに暮らしながらもこれから不妊治療はどうしたらいいのだろうと考えたり、私の頑張りはなんだったんだろうという虚しさ&私たち夫婦の生活に不妊治療にとり組んでまで子どもは必要なんだろうかという疑問が渦巻くような状態で、心の内はどうにもこうにも。

そんな状態で夫に不妊治療の話をしましたが(なんでそんな時にそんな話をしたのか自分自身でも謎)、うまく自分の気持ちを伝えられなかったり、そんな私にイライラされたりと何度も喧嘩になる始末。

自分の思いが固まっていないせいか言いたいことも定まらず、聞きたくない言葉も言いたくない言葉もぶつけるような喧嘩だったと記憶しています。


中断期間中には女友達と台北へ弾丸旅。食べて飲んで自分を大解放しました

夫婦ともに原因があるのなら「一緒に頑張ろーや!」(君もちゃんとやってくれよ的な要素強め)という気持ちを持ちつつ、治療が進むごとに精神がアップダウンする私と、とにかく治療にとり組むことにピンときていないうえ私の圧をプレッシャーに感じていた夫。

2回の不妊治療を通して感じたのは、自分の体の中で命を育み産むという一大事が不妊治療の先に待ち構えているリアリティに、よくも悪くもがんじがらめにされてしまっている女性と、あくまで不妊治療は女性に負担がかかるものであるという意識が植え付けられていて、不妊治療がなかなか自分ごとにならない男性とのギャップでした。

関連タグ

PROFILE
ミキさん
PROFILE
ミキさん

あかほし主婦ライター。関西在住・40代。中学生の頃から多嚢胞性卵巣症候群と付き合ってきた体でも、もしかしたら妊娠できるかも…という楽天的な考えをもったまま、結婚式、仕事との兼ね合い、金銭面や夫婦同士のタイミング、クリニックとの相性まで…。ありとあらゆる複合的な理由から、40歳で(ようやく!)本格的に不妊治療をスタート。

Twitter LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる