真っ白に慣れていた私。妊娠検査薬じゃないのに、2本線に感激してしまいました(笑)どうなる人工授精【10歳差夫婦の妊活体験記】 | 3ページ目 (3ページ中) | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 体験談 真っ白に慣れていた私。妊娠検査薬じゃないのに、2本線に感激してしまいました(笑)どうなる人工授精【10歳差夫婦の妊活体験記】

真っ白に慣れていた私。妊娠検査薬じゃないのに、2本線に感激してしまいました(笑)どうなる人工授精【10歳差夫婦の妊活体験記】

2022/05/01 公開
2023/06/06 更新

画像ギャラリー





※この連載は個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。

>>エピソード20へ続く

排卵検査薬とは?

妊娠しやすい時期である「排卵日」を予測するサポートアイテム。
尿で検査するタイプの排卵日予測検査薬は、尿に排出されるLHというホルモンの値を利用して排卵日を予測します。

LHはふだんから少量分泌されているホルモンですが、排卵日前に急激に分泌量が増加するため、妊娠しやすい時期である排卵日を予測することができます。⇒⇒もっと詳しく「排卵検査薬」を知りたい!

【この記事のあとに読まれています】
●【ANZEN漫才あらぽんの妊活】精液動画を見てア然「精子も太ってんのかよ
●コツがあった?!排卵日セックスで妊娠した3人にとっておきの作戦を聞いてみたら・・・

インスタグラムの妊活アカウント@HALOH88で自身の妊活・不妊治療体験をイラストで紹介。もともと辛かった生理痛が30歳になり、さらに重くなったことをきっかけにクリニックを受診。体外受精にステップアップ。癒やされるラッコのイラストにのせて人工授精の経験やご夫婦(夫はおさるさんのイラスト)の日常がかわいらしく描かれています。『妊活ベビモ~赤ちゃんが欲しい』で連載中。

Twitter LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる