まるで逆セクハラ!?不妊鍼灸の施術中に伝えたかったけど伝えられなかったコト【10歳差夫婦の妊活体験記】 | 2ページ目 (2ページ中) | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 体験談 まるで逆セクハラ!?不妊鍼灸の施術中に伝えたかったけど伝えられなかったコト【10歳差夫婦の妊活体験記】

まるで逆セクハラ!?不妊鍼灸の施術中に伝えたかったけど伝えられなかったコト【10歳差夫婦の妊活体験記】

2022/02/20 公開
2023/06/06 更新

画像ギャラリー




※この連載は個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。

エピソード11「クリニックでは「病」扱いされてるしな~」へ続く

⇒⇒日本全国&条件から鍼灸院を探す【あかほし施設検索】

妊活用語解説「多嚢胞性卵巣症候群」

卵巣内が数多くの未成熟な卵胞でおおわれているため、卵胞が発育しない、卵胞が大きく成熟することができない、大きくなっても卵巣の皮膜がかたくなって外に飛び出すことができない障害。『不妊治療クリニックガイド決定版』より

もっと詳しく「多嚢胞性卵巣症候群」を知りたい!どんな症状?

あわせて読みたい記事
●多嚢胞性卵巣症候群を乗り越え38歳で妊娠!釈由美子さん
●【モデル・武智志穂さん独占インタビュー】体外受精4回。稽留流産を乗り越え双子のママに!

関連タグ

インスタグラムの妊活アカウント@HALOH88で自身の妊活・不妊治療体験をイラストで紹介。もともと辛かった生理痛が30歳になり、さらに重くなったことをきっかけにクリニックを受診。体外受精にステップアップ。癒やされるラッコのイラストにのせて人工授精の経験やご夫婦(夫はおさるさんのイラスト)の日常がかわいらしく描かれています。『妊活ベビモ~赤ちゃんが欲しい』で連載中。

X LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる