都会ど真ん中のパワースポット「水天宮」って知ってる?駅から徒歩1分&鉄筋コンクリートの入り口に、思わず「ここで合ってる⁉︎」からの感動エピソード | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 妊活ライフ 都会ど真ん中のパワースポット「水天宮」って知ってる?駅から徒歩1分&鉄筋コンクリートの入り口に、思わず「ここで合ってる⁉︎」からの感動エピソード

都会ど真ん中のパワースポット「水天宮」って知ってる?駅から徒歩1分&鉄筋コンクリートの入り口に、思わず「ここで合ってる⁉︎」からの感動エピソード

2023/05/22 公開
2023/05/23 更新

画像ギャラリー

私には2人の子供がいますが、母子手帳は3冊持っています。

2回目の妊娠で授かった子供を流産で失いました。初めての流産で悲しみに暮れ、なかなか立ち上がれずにいたときに、友人のすすめで子授け・安産祈願で有名な東京日本橋にある「水天宮」を参拝することに。初めて訪れた「水天宮」の感想や子授け祈願の方法、参拝後の気持ちや状況の変化などをお伝えします。

2人目を妊娠!喜んだのも束の間…妊娠8週目で流産

私は広島に住む34歳。3年前、2度目の妊娠のエピソードをお話しします。

1人目の子供が1歳になったころでした。卒乳してすぐに生理が再開。以前より夫と話し合いを重ね、私の生理が再開したタイミングで2人目を。と決めていたんです。なぜ急いだのかというと、結婚当初に受けたAMH(アンチミューラリアンホルモン)検査の数値が低かったから。AMHの値は残された卵子の数の目安を示すもので、子供を希望するなら早めがよいと産婦人科のドクターから提言されていたのです。

その後、生理が再開して2ヶ月目に妊娠。無事心拍が確認され、2冊目の母子手帳を手にしました。まだ幼い長男の育児と2度目の妊婦生活スタートに意気込んでいた矢先…妊娠8週目での完全流産でした。

関連リンク:AMHが低いとどうなる?高いとどうなる?

妊娠することが当たり前だと思っていた自分に失望…

AMHの数値が低いという懸念材料はあったものの、卵子の数は少なくても早いタミングで妊娠さえしてしまえば問題なく出産できる!それに、1人目のときは妊活をはじめてから、わりとすぐに妊娠できたこともあり、きっと2人目も普通に妊娠できるだろう…流産を経験するまでの私は、こう考えていました。

だから2人目を妊娠したときも、うれしくはあるけれど、どこか当たり前のように感じている自分がいて。

赤ちゃんがいなくなった自分のお腹に手を当てたとき、妊娠って本当に奇跡的なことなのに、「妊娠して当然」「人生、希望どおりに進んでいる!」なんて思っていた自分自身に心底がっかりし、悲しくて仕方がありませんでした。

夫と母以外に流産を報告しなければならなかった相手は…

妊娠8週目での流産だったので、この時点で私が妊娠した事実を知っているのは夫と実母だけ、と言いたいところなのですが、実は家族以外に流産したことを報告しなければならない人物がいました。

その人物とは大学時代の大切な友人で、ある事情によって妊娠初期だったにも関わらず、その事実を伝えざるを得ない状況にあったんです。

約1年前、その友人から結婚することになったと、うれしい報告がありました。招待された結婚式の会場は友人の住む東京。広島から少し距離はあるものの、当然参列を予定していました。しかし結婚式当日まで3ヶ月を切ったころ自身の妊娠がわかります。

実は長男を妊娠中、生活に支障をきたすほどつわりがひどかった私。

関連タグ

『赤ちゃんが欲しい(あかほし)』は、主婦の友社が運営する妊活・不妊治療のお悩み解決メディア。ドクターや専門家監修の信頼コンテンツを中心に「妊娠したい」を全力サポートします。全国のクリニックや施設の検索もラクラク。

X LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる