【20〜40代女性300人アンケ】妊娠希望者の半分以上が「不妊治療について知らない」!?保険適用の認知度は? | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 不妊治療 【20〜40代女性300人アンケ】妊娠希望者の半分以上が「不妊治療について知らない」!?保険適用の認知度は?

【20〜40代女性300人アンケ】妊娠希望者の半分以上が「不妊治療について知らない」!?保険適用の認知度は?

2021/12/29 公開
2024/01/16 更新

画像ギャラリー

2022年4月からの不妊治療が公的医療保険適用にむけ、世の中が動き出しています。これまで高額かつ、全額自己負担だった体外受精や顕微授精も、金銭面での負担が少しでも減れば、妊活や不妊治療にとり組むカップルが増えるのではないかと言われています。
しかし、これから妊娠を希望している女性たちのどれくらいが「不妊」や「不妊治療」についての知識を持っているのでしょうか。今回、不妊治療専門のクリニック 医療法人浅田レディースクリニックが、全国の20〜40代の女性300人を対象に「不妊治療に関する意識調査」を実施しました。(調査概要について詳細は記事下部に掲載)

妊娠希望者の半分以上が、「不妊治療について詳しく知らない」と回答

※以下グラフの単位はすべてパーセントです

現在または近い将来、妊娠を希望していますか
〈図1〉

不妊治療に対してあなたはどの程度、知識がありますか?
〈図2〉

「現在または近い将来、妊娠を希望していますか。」という問いに対し、「希望する」と回答した人は、30.3%(図1参照)でした。
そのうち、「不妊治療に対してあなたはどの程度知識がありますか。」という問いに対しては、「詳しく知っている」と回答した人は、わずか18%(図2参照)。「ほとんど知らない」という人も全体の21%。
妊娠を希望していても、不妊治療についての知識について自信がない女性が多いことがわかります。

婦人科を受診したことがない人は◯◯%!

生理痛、生理不順など生理に関する悩みがありますか?
〈図3〉

症状改善のため産婦人科を受診したことがありますか?
〈図4〉

また、「現在、または近い将来、妊娠を希望していますか。」という問いに対して「希望する」と回答した人に、「生理痛、生理不順など、生理に関する悩みがありますか。」と問うと、ほぼ5割の人が「はい」と回答(図3参照)。しかも、そのうちの約7割の人が、症状改善のために産婦人科を受診したことがないと答えています(図4参照)。

生理の不調の自覚はあっても、それが「不妊」の要因になり得るかもしれない、という危機意識を持っている女性は、少ないことが明らかになりました。
多くの人が、生理の悩みを医療機関に相談・解決するというアクションを起こしていないことがわかります。

不妊治療の保険適用についての認知はまだまだ!?

不妊治療の保険適用範囲が2022年春から拡大されることを知っていますか?
〈図5〉

ちなみに、「不妊治療の保険適用範囲が、2022年春から拡大されることを知っていますか。」という問いに対して、「はい」と回答した人が38.3%、「いいえ」と回答した人は61.7%でした(図5参照)。
不妊治療の保険適用開始については、全世代ともに6割強の女性が「知らない」という結果に!

これらのアンケート結果から「不妊」や「不妊治療」に対する知識の浸透の低さ、また、生理の不調と不妊の関連性について意識している人は、残念ながら、まだ少ないということがわかります。

関連記事:専門医に聞いてみました!保険診療のメリット・デメリットについて

「体外受精」のイメージといえば?最多は、やはりあの問題

体外受精に対してどのようなイメージをお持ちですか?
〈図6〉

不妊治療の中では、高度医療とされる「体外受精」。費用や、治療内容もハードルが高いイメージがありますが、一般的に、女性たちはどのような印象を持っているのでしょうか(図6参照)。

「体外受精に対してどのようなイメージをお持ちですか。」という問いに対し、複数回答を用意。その中で全世代共通していたのは、「費用がかかる」という回答が一番多かったこと。

それに加え、5人に1人の割合で「特にイメージはない」と回答も。また、「優れた不妊治療の一種だと思う」と治療に関して前向きなイメージや「治療を受けることに恐怖感がある」と治療に関して少し不安に感じている人もいました。

【ドクター見解】「不妊」の原因は早期発見がカギ。妊娠を希望なら、まずは産婦人科の受診を

「妊娠を望むなら、何らかの症状があってもなくても、まずは産婦人科を受診するのがおすすめです」
そうアドバイスするのは、浅田レディースクリニックの院長、浅田義正先生。

「不妊の原因は、主に卵子の老化などさまざまです。また、年齢と共に子宮筋腫や子宮内膜症、子宮腺筋症など妊娠に不利な疾患をかかえる人も増えています。これらは自覚症状がないこともあります。

まずは、安心して赤ちゃんを迎えられるかどうか、夫婦で検査をしてみるとよいでしょう。何か疾患があった場合でも早めに治療を始めることができるし、その後の妊活をどのように進めていくかの計画が立てやすくなります」。

「生理不順」は、すぐに原因特定を。早めの受診が必要です

「生理不順は、何か原因があると考えるべきです。できるだけ早めに産婦人科で受診しましょう。」と浅田先生は言います。

「生理不順の原因は、ホルモンバランスの異常が原因かもしれませんし、卵子がほとんどない前触れかもしれません。
卵子は年を重ねるごとに数がどんどん減り続け、一般的には51、2歳で閉経すると言われています。
ちなみに、自然妊娠の限界は、閉経する10年程前の40代前半とのデータもありますが、なかには30歳前後で閉経するケースもあります。
いろいろな原因がありますが、将来妊娠を望むなら、できるだけ早めに月経不順の原因特定をして、人生プランについて夫婦で考えることをおすすめします。」。

また、浅田先生は言います。「生理痛がひどい場合も、早めに検査をしましょう。よくある原因のひとつには子宮内膜症が挙げられますし、治療が必要になるかもしれません。何にせよ、いざ赤ちゃんが欲しいと思った時に妊娠をさまたげるような原因を知っておくこと、子宮内膜症や早発閉経など自身の疾患を知っておくことが大切です。可能であれば治療をすすめておけるといいですよね」。

文・越山りさ

関連記事:【独占データ】不妊治療保険適用研究会の集計結果「体外受精の平均年齢の変化は?」


【調査概要】医療法人浅田レディース調べ
インターネット調査
調査方法:インターネットアンケート
調査実施期間:株式会社ネオマーケティング
調査実施期間:2021年9月9日(木)〜2021年9月10(金)
対象地域:全国
対象者:300名(20〜40代女性 各年代100名)


\\あかほし会員ならプレゼント!//


あかほし会員には『妊活パーフェクトガイド』を1人1冊お届けします!
新規会員登録、会員情報更新より住所を登録ください。登録いただいた住所にお送りします。
※お送りは1月末を予定しています


※認証コードのメールが届かない場合、「迷惑フォルダ」「削除フォルダ」「スパムフォルダ」等に自動的に振り分けられてしまうことがありますので、ご確認ください。

すでに会員の方はログイン後、会員情報更新より住所登録をお忘れなく!

▷▷あなたの妊活2023を教えてください
アンケート回答募集中!こちらから


妊活スタート!治療の流れ

「赤ちゃんが欲しい」と思ったら妊活スタート。第一歩は病院探しから始まります。

1.まずはあなたにぴったりの病院を探す
>>病院検索はこちらから

●病院の診療時間もチェック!
自分のライフスタイルにあった診療時間のクリニックかも合わせて確認しましょう。
あかほしの検索機能を使えば、9時前に診察OK、18時以降も診察している、土日祝も診察している、など条件からも探すことができます。

2. 予約(WEB予約をクリック)
受診するクリニックを決めたら、予約をいれましょう。WEBで予約をできるクリニックも増えています。初診だけは電話などで予約のクリニックもあるので、確認しましょう。

3. クリニックに行く/問診票に記入
予約した日程にクリニックにいったら、まずは受付&問診票に記入。問診票には、最終月経の状態、生活習慣、既往歴など検査に必要な質問項目に答えます。生理中でもできる検査もあります。

4. 先生によるヒアリング
事前に記入した問診票を見ながら、医師と直接話す問診タイム。日ごろから気になっていることなどはここで質問を。過去の病歴や、流産・中絶経験などもつつみかくさず正直に答えることが重要です。

5. 内診&超音波検査
外陰部の視診や触診、腟鏡を使って腟内の状態確認を内診台の上で行います。外側からは見ることができない子宮や卵巣の内部は超音波で検査します。不妊治療における超音波検査は、内科の聴診と同様の位置づけだと考えましょう。

6. 血液検査&尿検査
血液検査と尿検査は、ほとんどのクリニックで初診の時に行われます。不妊の原因になる疾患が見つかればその治療が優先されるので、初診で調べるのが基本。

7. 会計・次回の予約
ひととおり検査が終了したら待合室に戻ります。その後、会計をすませて初診の検査は終了。検査結果が出るスケジュールを聞いて次回の予約をします。初診時の多くの検査は保険が適用されますが、保険適用の有無は確認しておくと安心です。

>>病院検索はこちらから

監修
監修

浅田レディース品川クリニック院長。
より短い治療期間で妊娠という結果を出すため、エビデンスに基づいた治療や痛くない不妊治療・痛くない採卵を行なう。1982年名古屋大学医学部卒業。88年名古屋大学医学部附属病院産婦人科医員として不妊外来を担当。95年同病院分院でICSIによる治療開始。同年日本ではじめて精巣精子を用いたICSIによる妊娠例を報告。2004年浅田レディースクリニック(現・勝川クリニック)開院、10年浅田レディース名古屋駅前クリニック開院、18年浅田レディース品川クリニック開院。著書に『名医が教える最短で授かる不妊治療』『女の子が知っておきたい卵子のハナシ。』がある。

X LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる