アメリカ人の夫との明るい妊活。コツは情熱的カップルの気持ちになりきること【100人の妊活・不妊治療記#016】 | 2ページ目 (3ページ中) | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 体験談 アメリカ人の夫との明るい妊活。コツは情熱的カップルの気持ちになりきること【100人の妊活・不妊治療記#016】

アメリカ人の夫との明るい妊活。コツは情熱的カップルの気持ちになりきること【100人の妊活・不妊治療記#016】

画像ギャラリー

子宮頸がん検診の結果を聞きにいかず、4年後に怒られる

このころ、子宮頸がん検診を受けに、近所の婦人科に行ったのですが、ここで驚きの事実が!

実は20代前半で膣カンジダ症になったときも、この病院を受診して、内診のついでに子宮頸がん検診を受けていたのです。しかし当時はワーキングホリデーに行く直前で忙しく、検査結果を取りにいくのを完全に忘れていました。

4年ぶりに再訪すると、前回の子宮頸がん検診が要再診のため、何度も連絡してくださったとのこと。結果を取りにこなかったことを怒られました。LSIL(軽度異形成)で、「がん」の診断ではなかったけど、まれに進行して悪性になることもあるので、精密検査が必要な状態だったそうです。

今回の検査では異常がなく、どうやら自然治癒したようですが、くり返す可能性もあるので「今後は必ず毎年、子宮頸がん検診を受けるように」と言われました。それ以降は約束を守って、検査を受けています。

アメリカの義両親へのあいさつを終え、妊活開始

アメリカ人の夫とは、オーストラリアから帰国したころに、友人の紹介で知り合いました。もともと金髪で青い目や、色素が薄い外国人のジェントルマンが好みでしたが、偶然にも同じエリアに住んでいたことが発覚して、意気投合。つきあって1年後にいっしょに住み始め、それから1年半後に結婚しました。

妊活を始めるきっかけの一つは、夫の給料が上がって、たとえ私が仕事をできなくなっても、生活に困らない自信ができたこと。同棲を始めたころから、いつ結婚して子どもができてもよかったのですが、夫の経済的な自信は、妊活への前向きな後押しになったと思います。

もう一つのきっかけは、アメリカの義両親への訪問とあいさつが終わったこと。コロナ禍で、入籍後も両親には一度も会えていなかったので、初めて会うのに子連れというのもどうかなと…自分的にすごく気になってしまいました。

もし妊娠したら、妊娠初期に海外旅行するのはなぁ…と思ったり、心配事のない状態で行きたかった、というのもあります。妊娠中は食べられるものも制限されると聞いていたので、アメリカで好きなものを好きなだけ食べたいという思いもあって(笑)。義両親にあいさつを終えてから帰国後に妊活を始めました。

妊活に消極的な夫にも効果てきめん「人生の逆算カレンダー」

夫は妊活に少し消極的だったんです。そこで、妊活を始めるにあたって、夫に「人生の逆算カレンダー」を書き出して見せました。

たとえば今、私が30歳で、あなたが34歳。妊活して子どもを授かっても、実際に生まれるのは1年後。その子が小学校から中学、高校、大学を卒業するとき、あなたは何歳です…という年表を作成して、現実を見てもらいました。

子どもが成人するとき、私はこんな年齢なのか!と、自分でもショックを受けたのですが、夫にも「あなたはまだ働いている? 子ども1人ならまだしも、2人欲しいなら、もっと時間がないよ」とたたみかけました。夫も、もう後回しにはできない、マジで妊活をがんばらないといけないな、と思ってくれたみたいです。

私たちはふだん、英語で会話しているのですが、お互いに誤解していることもよくあるので、大事なことは紙に書くなどして、目に見える形で確認しています。以前から海外移住も計画していて、この逆算カレンダーを作り始めました。ビジュアル化することで人生設計がクリアになるので、妊活に温度差があるカップルにもおすすめです。


夫と私が何歳のときに子どもが学校を卒業するなど、「人生の逆算カレンダー」を作ってプレゼン。妊活に消極的だった夫も納得し、本腰を入れてくれるように。

次のページ>>いまだに腹が立つことがある!

『赤ちゃんが欲しい(あかほし)』は、主婦の友社が運営する妊活・不妊治療のお悩み解決メディア。ドクターや専門家監修の信頼コンテンツを中心に「妊娠したい」を全力サポートします。全国のクリニックや施設の検索もラクラク。

X LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる