黄色い、茶色い、ドロッとしている、血が混ざる…「おりもの」注意したほうがいいのは?【医師監修】 | 2ページ目 (2ページ中) | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 基礎知識 黄色い、茶色い、ドロッとしている、血が混ざる…「おりもの」注意したほうがいいのは?【医師監修】

黄色い、茶色い、ドロッとしている、血が混ざる…「おりもの」注意したほうがいいのは?【医師監修】

2024/03/02 公開

画像ギャラリー

水っぽい、ドロッとする、血が混ざる…大丈夫?

おりものの状態が、水っぽい 粘度が高い ドロッとしている カスっぽい 血が混ざる時があります。これは何の違いですか?(29歳 ぺぺさん)

注意したいのは疾患が原因のケース

おりものの状態が水っぽい、粘度が高い、ドロッとしている、カスっぽい、血が混ざる時がある場合、それぞれの状態に異なる原因があります。

例えば、水っぽいおりものは、排卵前であったり、細菌感染による膣炎、妊娠時の破水などが考えられますが、粘度が低く、水っぽくサラサラしたおりものは、排卵期に多く見られます。一方、粘度が高くドロッとしているおりものは、生理の前や生理が終わった時期に多く見られます。

カスっぽいおりものは、カンジダ膣炎などが考えられます。カンジダに感染するとおりものがカッテージチーズ状であったり、酒粕状とも言われるぐらいぽろぽろとしたカスっぽいおりものになります。カンジダ膣炎では腟内や外陰部に強いかゆみも出てきます。

血が混ざるおりものは、子宮頸がん、子宮頸管ポリープなどの疾患が原因である場合があります。排卵の時期であれば排卵出血により血液が混ざっている可能性もあります。

あわせて読みたい記事

「伸びるおりもの」に注目!妊娠しやすいタイミングとは?【医師監修】

いい「おりもの」は、妊娠可能なサイン!?

監修・執筆
監修・執筆

杏林大学卒業後、筑波大学附属病院で初期臨床研修。その後、けいゆう病院、横浜総合病院で勤務。日本産婦人科学会専門医、日本産婦人科内視鏡学会技術認定医を取得。2023年9月に原宿で産婦人科を開業。子宮鏡下手術や円錐切除術などの婦人科日帰り手術、月経不順や月経困難の治療、妊婦健診などを行っている。

Twitter LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる