【30代からの妊活】排卵日プレッシャーで夫がEDに…。2回転院し、「もっと早く妊活を始めていたら」と思う日々。 | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 体験談 【30代からの妊活】排卵日プレッシャーで夫がEDに…。2回転院し、「もっと早く妊活を始めていたら」と思う日々。

【30代からの妊活】排卵日プレッシャーで夫がEDに…。2回転院し、「もっと早く妊活を始めていたら」と思う日々。

画像ギャラリー

「女性の年齢が低いほうが妊活にとって有利」と言われますが、必ずしも若いうちに妊活できるとは限らないのが実情です。今回は、36歳で妊活をスタートしたTさんのケースをお届けします。

関連記事【30代からの妊活】転院してわかったクリニック選びの重要性。早めのステップアップと、ダイエットもがんばりました!

36歳で妊活をスタート!Tさんの妊活~妊娠までのスケジュール

Tさん
結婚して7年、36 歳のときに妊活スタート。4年間の努力の末、これで最後と決めた体外受精で見事妊娠。「過度な期待をせず、肩の力を抜いて臨んだことがいい結果に結びつきました」。

●29歳 結婚

ふたりともすぐに子どもが欲しいとは思わず、妊活はせず。

●36歳 自己流タイミング法
●37歳 A院へ通院。人工授精7回
●38歳 B院へ転院。高刺激の排卵誘発で採卵2回、移植4回

●39歳 C院へ転院。自然周期の体外受精2回目で妊娠

「これで最後!」とあきらめつつ挑んだ体外受精で妊娠、びっくり!ほぼあきらめていたので、妊娠を告げられたときは「本当ですか?」と思わず聞きなおしてしまいました。


妊娠4カ月のエコー写真では、だいぶ骨格がしっかりしてきました。

次のページ>>「この日!」だと指定されると…

『赤ちゃんが欲しい(あかほし)』は、主婦の友社が運営する妊活・不妊治療のお悩み解決メディア。ドクターや専門家監修の信頼コンテンツを中心に「妊娠したい」を全力サポートします。全国のクリニックや施設の検索もラクラク。

Twitter LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる