治療か妊娠か「こんなはずじゃなかった…」突然判明した子宮内膜症。私たち夫婦の選択は【子宮内膜症治療・ミレーナ体験談】 | 3ページ目 (3ページ中) | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 体験談 治療か妊娠か「こんなはずじゃなかった…」突然判明した子宮内膜症。私たち夫婦の選択は【子宮内膜症治療・ミレーナ体験談】

治療か妊娠か「こんなはずじゃなかった…」突然判明した子宮内膜症。私たち夫婦の選択は【子宮内膜症治療・ミレーナ体験談】

画像ギャラリー

いちばん相談させてもらったのが、産婦人科に勤める友人A。彼女は胚培養士さんです。子宮内膜症に関する検査や治療にも詳しく、とても頼りになる存在でした。

最初に内膜症の診断があった時点で連絡をしており、その後の経緯も知らせていました。私の基礎疾患のことも知っているため、主治医への相談前後に意見を聞く、不安なときに連絡させてもらうなど、専門家かつ友人として貴重なアドバイスをくれました。

また、友人Aとの共通の友人Bにも連絡を取りはじめました。彼女は内膜症ではありませんが、以前よりミレーナを実際に使っていると聞いていたからです。彼女は避妊の目的で使用していました。

子宮内膜症と診断されたことを伝え、実際の使用感を教えてもらいました。治療とはいえ、異物を体内にいれるのにとても不安があったので、彼女に相談できたことも私にとってはとても大きかったです。

私は産前から経血の量が多く、より快適にならないかと思いタンポンにトライしたことがあります。しかし、いれようとした時点で気分が悪くなり、立てなくなってしまいました。この経験があったのも、今回の不安につながっています。

結局タンポンは使えず、この頃から人工物を体内にいれることに強い抵抗感を持っていました。彼女に相談することで不安もだいぶ解消され、治療へ前向きになれたので本当に感謝しています。

後悔?「こんなはずじゃ…」ミレーナ初期症状

基礎疾患のほうや私のメンタル面でも治療に関する問題はクリアし、再度婦人科を受診。ミレーナを使っての治療をスタート!新しい職場への初出社3日前のことでした。

ミレーナの挿入は5分もかかりませんでした。産婦人科でエコーをみるときと同じ内診台に座り、ミレーナをいれます。内診のときより少し強いくらいの痛みを伴いましたが、我慢できるレベル。短時間なので、終わってしまうと「もう終わり?」という感じでした。

挿入が終わると、ミレーナの注意点や次回の受診についての説明を受けて帰宅。「あっという間だったな~。痛みも一瞬だけだったし。」と拍子抜けするくらいでした。

しかし、帰宅してしばらくすると下腹部の違和感、痛みを感じはじめます。ミレーナの説明書を読んだり、ミレーナについてネット検索したりすると、どうやら初期症状のよう…。

生理やつわりと似ている、気持ち悪い感覚です。3日後には新しく仕事を始めるのに、この状態ではまずいかも…と、この時はミレーナをいれたことを後悔。「一刻も早く外したい!」とも思うようになりました。友人Bにも連絡をとり、もし症状が続くようなら婦人科を受診しようというアドバイスをもらいました。

しかし、ミレーナを始めてから1週間ほど経つと、気持ち悪い感覚や痛みがおさまってきました。1週間前の、これはもう二度とやりたくない、早く外したい、という思いが強かったのも嘘のようです。スポーツ選手でも使っている人がいるというのも納得で、慣れてしまえば違和感がなく、続けられそう、と安心しました。

治療を始めてからの症状や生活の変化

治療をスタートして半年ほど。以前とは比べものにならないくらい、生理痛や経血量が減り、快適な生活を送れるようになりました。人によっては生理がなくなるともドクターから聞いていましたが、ほとんど経血がない月もあり、ストレスが大幅に減ったのです。

これまで、毎月その日が近づくと鎮痛剤のストックを確認。大抵2日目が最も重いため、予定を詰めないように調整していました。そんな心配ともおさらばです。

そして、仕事も順調にとり組めています。はじめてのことばかりで日々勉強の積み重ねですが、内膜症の面での不安や痛みが激減したことで、仕事にも集中できています。ありがたいことに、娘も保育園にすぐ慣れてくれました。2歳を迎えましたが、まだまだ抱っこもしてほしい年頃です。これまで生理による腹痛に見舞われると抱っこどころではなかったのですが、それがないのもとても助かっています。

治療をストップ、第二子に向けた妊活へ

当初決めていた治療ストップの時期がきたので、婦人科を受診。ミレーナを外してもらい、第二子の妊娠へ向けて動き始めました。

子宮内膜症には“完治”はなく、“改善”や“緩和”といった表現が用いられます。そのため、ミレーナを外した場合、症状が悪化しないようなるべく早めの妊娠がすすめられます。そこで、現在妊娠できる状態かを確認するため、チェックをしておこうという先生のアドバイスを受けて検査をしたところ、問題はなし。そして、ミレーナを外した後の子宮環境を整えるため、生理が一度来てから妊活を始めましょう、という指示もありました。

ところが、ここまで「よし、順調だ!」と思っていたものの、最初の生理は1日で終了。その後、同月内にまた生理がスタート。生理周期が安定しないこともあり、先生から基礎体温の記録を提案されました。

まだミレーナを外してあまり間がないこともあるのか、体温グラフも安定していません。焦る気持ちがないと言ったら嘘になりますが、いまは体が落ち着き、第二子を迎えられる日を待っています。

疑ってもいなかった子宮内膜症の判明から、治療までの記録でした。私は、子宮内膜症については疾患名くらいしか知らず、どんな症状なのかも今回自分が診断されるまで、まったく知りませんでした。もちろん、不妊の原因になることや、完治せず長い付き合いになる可能性があることも。

初めてのことだらけでスタートした約半年間の治療。気が重くなることもありました。しかし、振り返ると、早めに受診し、治療を始めてよかったと思います。第二子をいつ授かれるのかわかりませんが、少しでもはやく妊活に向かうことができたので、私たち夫婦にとってよい選択ができたと思っています。

※この記事で紹介した内容はすべて個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。

あわせて読まれている記事
子宮内膜症の原因は?手術は必要?妊娠はできる?【東大病院/不妊治療専門医監修】

「救急車を…!」原因不明の腹痛に悩んだ私にくだった診断名は【不妊治療中のリアル体験談】


\\あかほし会員ならプレゼント!//


あかほし会員には最新号を1人1冊お届けします!
新規会員登録、アンケートより住所を登録ください。登録いただいた住所にお送りします。
※お送りのスケジュールはこちらを確認ください


※認証コードのメールが届かない場合、「迷惑フォルダ」「削除フォルダ」「スパムフォルダ」等に自動的に振り分けられてしまうことがありますので、ご確認ください。

ログイン後、アンケートより送付先の住所登録をお忘れなく!

関連タグ

『赤ちゃんが欲しい(あかほし)』は、主婦の友社が運営する妊活・不妊治療のお悩み解決メディア。ドクターや専門家監修の信頼コンテンツを中心に「妊娠したい」を全力サポートします。全国のクリニックや施設の検索もラクラク。

X LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる