卵管閉塞にガッカリしていたら、先生がすすめてきたのはいきなり「顕微授精」だった件。【不妊治療リアル体験談記録#26】 | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 体験談 卵管閉塞にガッカリしていたら、先生がすすめてきたのはいきなり「顕微授精」だった件。【不妊治療リアル体験談記録#26】

卵管閉塞にガッカリしていたら、先生がすすめてきたのはいきなり「顕微授精」だった件。【不妊治療リアル体験談記録#26】

体験談
2024/05/04 公開
2024/05/11 更新

画像ギャラリー

36歳のとき、46歳の夫と結婚。結婚後すぐ妊活を開始し、不妊治療クリニックではさまざまなトラブルが判明…。その後、顕微受精で授かったAgu(@butabaratorory)さんのInstagramより妊活記録をご紹介します。

<最初から読む
<<ひとつ前の話「一歩前進って考えよう」を読む

#26)これからの治療方針、どうする?

次のページ>> 詰まった原因は?

profile
profile

36歳のとき、46歳の夫と結婚。子どもが絶対に欲しいという思いで、結婚後すぐに妊活を開始。不妊治療クリニックで卵管閉塞と診断され、顕微受精から治療をスタートさせる。現在は1児のママ。

Twitter LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる