【看護師さんの本音トーク】独身時代に意を決して卵子を凍結。その卵を使って不妊治療も「両親には言いませんでした」 | 2ページ目 (2ページ中) | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 体験談 【看護師さんの本音トーク】独身時代に意を決して卵子を凍結。その卵を使って不妊治療も「両親には言いませんでした」

【看護師さんの本音トーク】独身時代に意を決して卵子を凍結。その卵を使って不妊治療も「両親には言いませんでした」

画像ギャラリー

Bさん:結婚して、不妊治療を始めようと彼と決めたときに話しました。独身のときからそんなことをしていたなんて引かれるかなとか、冷凍保存していた卵子なんて信用できないとか、いろいろ言われると思ったのですが…。「今の医学ってそんなことができるんだね」と。拍子抜けしました(笑)。

すずさん:男性側の理解があってよかったですね。

Bさん:本当にそう思います。ですが、保存していた卵子の顕微授精を決めたとき、両親には言いませんでした。そこは夫も同じ意見だったので、ふたりで内緒にしておこうと決めて、今も伝えていません。

Aさん:確かに…。健康に生まれないんじゃないかとか、いろいろ言われそうですよね。理解得るのはむずかしいかも。

すずさん:ほんとうですね。卵子凍結保存が不妊治療のひとつとして、世の中当たり前になってくれたらもっと違うんでしょうけど…。

Bさん:お2人の言うとおりだと思います。彼も私も結婚が遅く、両親も高齢なので理解が得られないと判断しました。

Cさん:もし私がその立場でも、同じ判断をしたと思います。

すずさん:保管料にお金がかかったり、両親に内緒にしておいたり、と気になる点はありますが、実際は保存した卵子で顕微授精をした結果、妊娠、出産されたんですよね?

Bさん:そうです。結婚をして半年は自然妊娠をめざしたのですが、できなくて…。
そこから人工授精にもチャレンジしましたがむずかしく、顕微授精に進もうと決意したとき、卵子を保存していてよかった!と心から思いました。かわいい娘に出会えたことが奇跡で、本当に幸せです。当時、卵子の保存を決意した自分をほめてあげたいです。

すずさん:本当にいい決断でしたね。2人目も顕微授精を検討中なんですか?

Bさん:はい。自然妊娠をめざしてみましたが、年齢も40歳を超えていますし、やはりむずかしくて。まだ残り2本、卵子の数でいうと6個保管しているので、顕微授精にチャレンジしようと考えています。

すずさん:最近は早いうちから不妊治療をする時代になってきましたし、独身のうちからできる有効な不妊対策として、もっと浸透してほしいですね。

卵子凍結

抗がん剤や婦人科疾患などで、卵巣機能の低下が予想される場合、前もって卵子を採卵し、凍結しておくことができます。近年では、将来の妊娠を見据えて、結婚前から自主的に採卵するケースもふえています。採卵時の年齢は36歳未満であることがのぞましく、女性の選択肢を広げる方法として有用ですが、受精卵で凍結するよりは妊娠率が低いことを知っておきましょう。(解説/メディカルパーク横浜 院長・菊地 盤先生)

関連記事卵子凍結の現状を第一人者が解説!だれでもできる?方法・リスクまで全部

資格があるからこそ働き方を変える選択肢も

Bさん:卵子凍結の話もそうですが、やはり早めの対策が不妊治療には有効だなと思います。

Cさん:本当にそうですね。タイムリミットがあるということがあまり知られていないですよね。看護師の仕事に日々奮闘するあまり、気づいたら30代半ばで、急にあせり出したという友人もいます。

すずさん:私の知り合いの看護師さんの話ですが、妊活のために一度仕事を辞めたという方がいます。その方は、無事に妊娠されて、子どもが少し大きくなってから、復職しました。看護師という資格があるので、復職はしやすいみたいです。もともと大きな病院の病棟ナースでしたが、子どもができてからは、通勤がしやすく、残業も少ない近所のクリニックを選んで勤務されています。

Cさん:辞める選択もアリですよね…。私も正直悩みました。当時は、せっかく勉強して資格をとって、職場にも慣れて、頼りにされるようになったころだったので。
でも、今ふり返れば、妊活は時間との闘いともいえるので、もっといろいろと調べて、勤務先を変えたりすることも視野に入れればよかったかなと。

すずさん:看護師だけでなく、理学療法士や視能訓練士など、資格があることは強みだと思います。妊娠、出産後、子育てしながらの勤務を考えても、今のうちから、フレキシブルな働き方ができる勤務先を、下調べしておくだけでも、妊活中の気持ちにゆとりが生まれそうですね。

▼コチラの記事もチェック!▼

妊活卒業生に聞いた「仕事と妊活の両立」どうしてた?通いやすい【働く女性に優しいクリニック】をピックアップ

「仕事と妊活」働く女性に優しいクリニック

仕事 or 妊活、どちらを優先すべき?働きながら妊活をしていた妊活卒業生に「妊活とキャリアのグッドバランスづくりに必要なこと」を聞きました。〈働く女性に優しいクリニック〉もご紹介しています。

〈あわせて読みたい記事〉
激務で生理が止まる日々。追い込まれた私が夫に思わずはなった言葉は…
【スタイリストさん編】通院バッグの中身を大公開!おしゃれなアイテムで治療も気分アップ


\\あかほし会員ならプレゼント!//


あかほし会員には最新号を1人1冊お届けします!
新規会員登録、アンケートより住所を登録ください。登録いただいた住所にお送りします。
※お送りのスケジュールはこちらを確認ください


※認証コードのメールが届かない場合、「迷惑フォルダ」「削除フォルダ」「スパムフォルダ」等に自動的に振り分けられてしまうことがありますので、ご確認ください。

ログイン後、アンケートより送付先の住所登録をお忘れなく!

『赤ちゃんが欲しい(あかほし)』は、主婦の友社が運営する妊活・不妊治療のお悩み解決メディア。ドクターや専門家監修の信頼コンテンツを中心に「妊娠したい」を全力サポートします。全国のクリニックや施設の検索もラクラク。

X LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる