【妊活中のお風呂】シャワーじゃ足りない!?ベストな入浴法をマスターしましょう | 3ページ目 (3ページ中) | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 妊活ライフ 【妊活中のお風呂】シャワーじゃ足りない!?ベストな入浴法をマスターしましょう

【妊活中のお風呂】シャワーじゃ足りない!?ベストな入浴法をマスターしましょう

2023/06/19 公開
2023/10/26 更新

画像ギャラリー

A→ 成長ホルモンを出すためには、睡眠は長さだけでなく深さもたいせつ。そのためにも夜に入浴して体温を上げ、ゆっくりと下げてから眠りたいですね。

時間がないときは、いつもよりぬるめのお湯に10分ほどつかって体温を少しだけ上げれば、1時間ほどで下がりますので早めの就寝が可能。
お湯につかるだけでも皮脂はとれるので、急ぐ場合は体を洗わなくてもだいじょうぶ。気になるようなら翌朝シャワーで洗って。

Q 「男はあたためちゃいけない」は本当?

A→ ふつうにお風呂に入っている分には何も問題はありません。
精子に影響が出るほど体温が上がるということは、その人の命が危ないということ。入浴でそこまで体温が上がることはまずありませんので、気にする必要はないでしょう。

Q 長風呂が苦手で15分も無理。短時間で体をあたためられない?

A→ 湯ぶねの中でストレッチをするなど筋肉を動かせば、10分くらいであたたまります。
ただし、熱いお湯の中だと交感神経が優位になってしまうので、必ず「ぬるめのお湯」で行なうようにしましょう。

Q 生理のときも湯ぶねにつかったほうがいい?

A→ 生理のときもつかりたいですね。生理痛や月経前症候群で体調がすぐれない場合でも、なるべく入浴して体をあたためてください。
血流がよくなってリラックスすることで痛みやイライラも軽くなり、睡眠の質がよくなります。

どうしても入浴できないなら、部分浴(手浴、足浴)でも体はあたたまります。

Q シャワーでもあたたまったように感じるのですが…

A→ あたたまったように感じるのは表面だけで、シャワーだけでは体の中まではあたたまっていません。
また、シャワーは1分間に10ℓ程度の水が出ますので、たとえば、20分間浴び続けると結局はバスタブ1杯分に。
夫婦でそれぞれシャワーを浴びると意外と水道代がかかるので、湯ぶねとシャワーをうまく使い分けましょう。


妊活中、お風呂タイムも大切に

湯ぶねにつかって良質の睡眠がとれるようなお風呂習慣が、妊活にはたいせつです。
シャワー派だったあなたも、今日からお風呂タイムで心も体もゆったりモードに。そして入浴後は、質のいい睡眠を!

出典:『妊活 治療と生活アドバイス

【この記事のあとに読まれています】
平野ノラさん妊活体験談/OKバブリー体質改善!妊娠するためにやった17のこと
すきま時間5秒、自分で押せるツボ!血流をアップ&腰痛対策にも◎

関連タグ

『赤ちゃんが欲しい(あかほし)』は、主婦の友社が運営する妊活・不妊治療のお悩み解決メディア。ドクターや専門家監修の信頼コンテンツを中心に「妊娠したい」を全力サポートします。全国のクリニックや施設の検索もラクラク。

X LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる