【NG妊活】1日水2リットル習慣は迷信…!?温活ドクターが教える妊娠につながるポカポカ体づくり | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 妊活ライフ 【NG妊活】1日水2リットル習慣は迷信…!?温活ドクターが教える妊娠につながるポカポカ体づくり

【NG妊活】1日水2リットル習慣は迷信…!?温活ドクターが教える妊娠につながるポカポカ体づくり

妊活ライフ
2023/06/12 公開
2023/06/13 更新

illust/中村久美

画像ギャラリー

体の「冷え」は、血流が悪くなっているサインです。血流が滞ると、子宮や卵巣に栄養が行き届かず、活動を妨げてしまいます。さらには、疲れやすくなるという問題にもつながります。体をあたためて、血液をめぐらせることが「冷え」の解消には欠かせません。

でも、どんな方法で「冷え」を解消すればいいの?
たとえば、体の中の熱を奪ってしまう“あの習慣”は、きょうからひかえたほうがいいかも!?

【妊活にいいこと】1日水2リットル習慣はきょうからやめる

「水をたくさん飲んだほうがいい」と聞き、1日2ℓ飲むのを目標にしている人も多いのでは?

でも体が冷えていると、いくら水を飲んでも細胞に水分が届きません。逆に体の中で熱を奪う「冷却水」のような役目をしてしまうことに。

水はのどの渇きを感じたとき、飲みたいと思ったときに飲めばOK。せっかく飲むなら、冷たい水よりも、体があたたまるものを飲みましょう。

おすすめは〇〇をプラスした「ちょい足し白湯」

そこで実践してほしいのが白湯にあたため食材を加えて飲む「ちょい足し白湯」です。

ちょい足しのおすすめ食材は「しょうが」。しょうがは、血行を促進する作用があるため、白湯に加えるだけで、体がじんわりあたたまります。内臓の冷えをとり、子宮や卵巣の働きも活発に。

しょうがチューブも手軽ですが、市販のしょうが粉末や生のしょうがをすりおろして加えるのがベスト。保温効果がアップします。

すりおろししょうがは、紅茶にもよく合います。そのほかシナモン、梅干し、しそ、くず粉、はちみつ、黒砂糖などのあたため食材のちょい足し白湯やドリンクもおすすめです。

ポカポカ温活!【しょうが湯の作り方】

カップ1杯程度のお湯に生のしょうがを適量すりおろして入れ、まぜれば完成。
白湯で飲みづらければ、紅茶にしても!

【まとめ】妊活にこんないいことが!

水分が体に滞らず、卵巣や子宮を冷やさない

“ちょい足し白湯”におきかえれば、冷やさず血行促進

関連リンク:「妊娠したい!」がかなった ママになった妊活・不妊治療 卒業生インタビュー

関連記事を読む
妊活中の【最強おやつコンビ】教えます!
●ウォーキングが妊活によい理由をドクターに聞きました!

『妊活にいいこと大全』発売中/


『妊活にいいこと大全』
不妊治療に長年携わる生殖医療専門医、内科医、栄養の専門家など、各分野のエキスパートが教える“妊娠力が高まる習慣”をご紹介しています。生活リズム、食事、睡眠、ヨガなどさまざまな切り口で、忙しくても「無理せず続けられるもの」をピックアップしています。

関連タグ

イシハラクリニック副院長。
漢方医療、自然療法などにより、治療にあたる。わかりやすい医学解説に定評があり、テレビ、ラジオ、執筆活動など幅広く活躍中。東洋医学にもくわしく、冷えに関する著書多数。2児の母。

X LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる