日本人男性が医師に聞かない3つのこと。セックスレス、ED、更年期障害…【男性不妊専門医監修】 | 2ページ目 (2ページ中) | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 不妊治療 日本人男性が医師に聞かない3つのこと。セックスレス、ED、更年期障害…【男性不妊専門医監修】

日本人男性が医師に聞かない3つのこと。セックスレス、ED、更年期障害…【男性不妊専門医監修】

2023/07/14 公開

画像ギャラリー


辻先生
 40歳以上ですね。女性の場合、閉経して5年ほどすると更年期障害の症状が見られなくなることがほとんどですが、男性ホルモンは少しずつ減っていくため、LOH症候群は40歳以上であれば、いつでも起こりますし、いつ終わるともいえません。

原因は男性ホルモンの低下だけでなく、ストレスやうつ病など、さまざまなものが関係しています。

――LOH症候群で受診される男性もいるのでしょうか?

辻先生 もちろん、います。ただ、日本人男性の場合、身体的な症状や性欲の低下などで受診してくることはほとんどなくて、精神的な訴えが多いですね。

欧米では、性欲や性的能力、肉体を若々しく保つなどを目的として受診するので、その点、かなり違いがあります。海外の男性俳優が男性ホルモンの注射を所持していたために、入国審査で問題になったということは、記憶に新しいと思います。

――そんなところにも外国人男性と日本人男性の違いが!日本人男性の場合、たとえば、どのような精神的なことで受診されるのでしょうか?

辻先生 「やる気が出ない」とか「集中力がなくなった」といったことですね。だから、初老期のウツとの見分けがむずかしいんです。

――性欲が低下していても、そこは気にならないんですね。

辻先生 多分ですが、元々性欲がそれほど強くないので、勃起しにくくなったなどの性的な変化に気づかないのだと思います。

関連記事リンク⇒知っておきたい、ED(勃起不全・勃起障害)について

外国人男性は最も効果が持続するED治療薬を希望する

――LOH症候群では性欲が低下するだけじゃなくて、勃起もしにくくなるんですね。

辻先生 EDもLOH症候群の代表的な症状の一つなんですよ。

――EDは、メンタルな理由だけでなるわけではないんですね。

辻先生 もちろん、メンタルなことが原因で起こることは多いのですが、血管や神経の障害も原因となります。もっとも多いのはこれが複合的に原因となっているEDでしょう。

ED治療は、薬で血管の働きを補って強めてあげることができます。ただ、薬によって勃起は助けてあげられるのですが、精力剤ではないので、性的刺激がないと勃起はしません。それに子作りに際してのEDでは勃起はできても射精はできないという問題が残ってしまう場合もあるんですけどね。

――EDの治療薬というのは、バイアグラのことですか?

辻先生 現在、日本ではバイアグラ、レビトラ、シアリスという3種類のED治療薬とそのジェネリックが処方できます。

それぞれ異なる特徴があって、バイアグラは服用後1時間ぐらいから5~6時間効果が持続、レビトラは服用後10~30分で効果が現れ始めて持続時間はバイアグラと同じくらい、シアリスは服用後1~2時間後から効き始めて36時間効果が持続します。

興味深いのは、外国人男性は効果が ふた晩続くものを処方してほしいと言ってくるんですよ。

――なんと! そういえば、さきほど、外国人男性は手術後にいつから性交渉をしてもいいか尋ねてくるけれど、日本人男性は尋ねてこないというお話もありましたね。
どうして外国人男性と日本人男性とでそういう違いがあるんでしょうか?

辻先生 外国人男性のほうが精力が強いということなのかもしれませんが、パートナーである外国人女性の性的な意識が高く、男性に求められるものも高いという面もあるんじゃないでしょうか。

それ以外にも、ホルモンの環境とか、女性がいろいろなものから解放されているということもあるかもしれません。そう考えてみると、日本人女性も、外国人女性に比べると性欲が少ないのかもしれませんね。

――日本の場合、性的なもの=悪いもの、口に出してはいけないものという風潮がありましたよね。だからでしょうか?

辻先生 そうかもしれませんね。日本人には、そういう考えが幼い頃から刷り込まれているという、外国との文化的な違いがあるので、それを覆すことはなかなか難しいと思いますよ。


次回はどうしたら豊かなふたりの性ライフを築けるのか、お互いに言ってはいけないNGワードなども教えていただきます。

次のお話>>
排卵日プレッシャーは万国共通だった!?妊活中の夫婦「NGワード」教えます

関連タグ

監修
監修

恵比寿つじクリニック院長。日本泌尿器科学会専門医、日本超音波医学会専門医。1980年福岡大学医学部卒業。福岡大学大学院研究科修了。米国クリーブランドクリニック特別研究員、福岡大学医学部泌尿器科助教授等をへて、2003年天神つじクリニック(福岡市)開設、2008年恵比寿つじクリニック(東京)開設。気さくな人柄で、緊張しがちな男性でも気軽に質問できると、患者さんから好評です。

Twitter LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる