「ではオペ室に案内します」痛くない?すぐ終わる?卵子をとってきます【有名クリニックの治療をマンガ化】 | 4ページ目 (4ページ中) | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 不妊治療 「ではオペ室に案内します」痛くない?すぐ終わる?卵子をとってきます【有名クリニックの治療をマンガ化】

「ではオペ室に案内します」痛くない?すぐ終わる?卵子をとってきます【有名クリニックの治療をマンガ化】

2023/11/05 公開

マンガ/白ふくろう舎

画像ギャラリー

採卵は短時間で終了、午後は出社も可能です

採卵当日は、手術の1時間前には受付をすませ、術衣に着がえて待機します。採卵にかかる時間は5~10分ほど。

腟からごく細い針を刺して、卵胞ごと卵子を吸いとります。体の力を抜き、できるだけリラックスして臨みましょう。卵子を採取できたことが確認できたら、夫が採精室で採精します。当日、夫が来院できない場合に備え、凍結精子を用意しておくと安心。2時間以内に採精した精子を持ち込むこともできます。

受精方法は、「振りかけ法」と「顕微授精」の2種類。採取した卵子と十分な数の精子を同じシャーレに入れ、受精させるのが振りかけ法です。精子の数が少ないときや、質が低下している場合には、1個の卵子に1個の精子を注入する顕微授精がとられます。

採卵後は、培養士、医師からの説明を受けて終了! 午後から出社する人も大勢います。

キーワード▷無麻酔採卵

KLCでは、採卵は基本的に無麻酔で行います。

低刺激周期では、成熟する卵胞数が多くないため、針を刺す回数が少なくてすむのが理由のひとつです。また独自に研究開発を重ねた極細の採卵針と熟練のテクニックにより、心配される痛みも軽減。麻酔のリスクなしに、短時間でたいせつな卵子をとり出します。

関連記事:今年妊娠したい!体外受精にトライしたいけど痛そう。体験談を読むと「採卵」について不安に

体外受精スタート!治療の流れ

「赤ちゃんが欲しい」と思ったら妊活スタート。第一歩は病院探しから始まります。

1.まずはあなたにぴったりの病院を探す
>>病院検索はこちらから

●病院の診療時間もチェック!
自分のライフスタイルにあった診療時間のクリニックかも合わせて確認しましょう。
あかほしの検索機能を使えば、9時前に診察OK、18時以降も診察している、土日祝も診察している、など条件からも探すことができます。

2. 予約(WEB予約をクリック)
受診するクリニックを決めたら、予約をいれましょう。WEBで予約をできるクリニックも増えています。初診だけは電話などで予約のクリニックもあるので、確認しましょう。

3. クリニックに行く
予約した日程にクリニックにいったら、まずは受付&問診票に記入。問診票には、最終月経の状態、生活習慣、既往歴など検査に必要な質問項目に答えます。生理中でもできる検査もあります。

4. 夫婦ともに検査
体外受精といってもさまざまな治療プランが考えられます。検査の結果をもとに排卵誘発の方法を決めます。男性は精液検査で精子の状態を確認します。

5. 卵子を育てる→成熟させる
体外受精では、注射や飲み薬の排卵誘発剤を使って卵巣を刺激し、卵子を育てるのが一般的です。採卵のための卵巣刺激の方法は、その人の年齢や卵巣機能や治療歴を考慮して決定します。自分の体にあう卵巣刺激をするのことが成功のカギに。

6. 採卵・採精
膣から卵巣に針を刺して、卵胞駅ごと卵子を吸いとります。座薬や鎮痛剤、静脈麻酔を使い採卵する場合も。男性の採精も採卵日に行います。

7. 受精させる

採取した精液は洗浄濃縮の作業を行なって、元気な精子を選別。シャーレという容器に入れた卵子にふりかけて培養器に入れ受精を待ちます。体外受精では、卵子1個に対して5〜10万の精子が必要。振りかけるのに十分な精子がえられない時やふりかける方法では受精が起こらないケースでは、精子を卵子に直接入れる顕微受精が行われます。

8. 受精卵を培養

最初は1つの細胞だった受精卵は、受精2日目に4つ、3日目には8つに分割していきます。

9. 受精卵を子宮に戻す

受精卵を子宮に戻します。採卵した周期に受精卵を戻す「新鮮胚移植」と凍結保存した受精卵を戻す「凍結胚移植」があります。

10. 妊娠判定

胚移植から約2週間後に血液検査や尿検査を行い、hCGというホルモンの値が上がっていれば、着床したと判断。その後、胎嚢が確認できると妊娠が確定します。

加藤レディスクリニック

加藤レディスクリニック
住所:東京都新宿区西新宿7-20-3 ウエストゲート新宿ビル
アクセス:東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」1番出口より徒歩2分、「西新宿駅」E8番出口よりすぐ
都営大江戸線「新宿西口駅」D4番出口より徒歩5分,JR「新宿駅」西口より徒歩6分
電話番号:03-3366-3777

加藤レディスクリニックのおすすめポイント

東京・新橋駅から徒歩1分に位置する新橋夢クリニック。開院以来、「通いやすく、負担の少ない治療」をモットーとし、一般不妊治療から、体外・顕微授精といった高度生殖医療を行っています。

体外受精においては、『低刺激採卵』『小卵胞採卵』『胚盤胞移植』が、当院の治療の3本柱です。これらを軸としながら、できるだけ心身に負担をかけないことを目指し、高い成功率も維持している。

>>加藤レディスクリニックの診察時間を詳しくチェック

加藤恵一先生監修の記事を読む
排卵検査薬ってそもそも何?妊娠しやすいタイミングがわかるって本当?
不妊の定義にはあてはまりませんが、病院へ行ってもいいですか?

★最新号はマンガ&イラストでわかる「体外受精」を大特集!

Amazon ⇒楽天

あわせて読みたい記事
こんな病院はやめたほうがいい⁉︎保険診療開始で不妊治療はどうなった?
できるだけ体への負担が少ない治療を患者さんのペースで実施

監修
監修

金沢大学医学部卒業。国立金沢病院、国立病院東京災害医療センター、New Hope Fertility Centerを経て、2007年より加藤レディスクリニック勤務。2013年院長に就任。できるだけ自然に近い形での妊娠をめざす「自然・低刺激周期」の体外受精を実践している。日本受精着床学会理事。

X LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる