夫と泣きながら食べた鰻丼とハーゲンダッツ…。待合室の妊婦さんを見て、痛感した 「私、流産したんだ…」【妊娠8週目の流産体験談】 | 2ページ目 (2ページ中) | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 体験談 夫と泣きながら食べた鰻丼とハーゲンダッツ…。待合室の妊婦さんを見て、痛感した 「私、流産したんだ…」【妊娠8週目の流産体験談】

夫と泣きながら食べた鰻丼とハーゲンダッツ…。待合室の妊婦さんを見て、痛感した 「私、流産したんだ…」【妊娠8週目の流産体験談】

2023/08/27 公開

画像ギャラリー

ある日、「めごちゃんがつらいときは俺がしっかりしなきゃと思っていたけれど、もう悲しんでいい?」と言われ、夫も私と同じようにつらいんだとハッとしました。そのとき、はじめて夫婦で強い悲しみを共有することができ、絆が深くなったと思います。

流産の手術後、妊活再開。最初のタイミング法

流産手術後は、3回の生理を見送ったたあと、タイミング法を再開。

病院からは、子宮の回復を確認するために受診をすすめられていたので、排卵日予測検査薬で陽性になったタイミングで受診し、エコーで排卵しているかどうかを見てもらうことに。

「大きくなってはいるけれど、排卵はしていない。これからするかも」と言われたのでタイミングをとったら、なんとも幸運なことに1回で妊娠することができました。

ドクターより
流産後に子宮環境や卵子の状態が改善して妊娠しやすくなるということはなく、逆に子宮環境が悪くなることもありません。

関連記事:できれば自然に妊娠したい!病院に通わずに自分で排卵日を予測する方法

流産後。つらくなるのは自分、と知ってしまったからこそ

また赤ちゃんがおなかにきてくれてうれしかったけれど、同時に、またダメになったらどうしようという不安もあったので、友人にも言えず、会わないようにしていました。

流産してしまったとき、妊娠していたことを知っている人が多いとつらくなるのは自分だと知ってしまったからです。

そのぶん、無事に子どもが生まれたときは、本当にうれしくてたまりませんでした。今ふり返ると、流産というつらい体験を夫婦で、とことん悲しみ共有できたことが、次へ進むための力をくれたのかなと思います。

ドクターからのメッセージ
当院もそうですが、施設の関係で健診のときと同じ場所で流産の処置をする病院は多いと思います。そのぶん、医師は患者さんの気持ちに寄り添い、お伝えする言葉ひとつにも配慮しなければならないと思っています。

関連記事:赤ちゃんが欲しいと思ったら!あなたの病院を探してみよう

赤ちゃんが欲しい2020冬号』よりウェブ掲載のため再編集しています

【この記事のあとに読まれています】
【片岡安祐美さん】自己流での妊娠、その後の流産について話します。
矢沢心さん、加藤貴子さん、大島美幸さん…。悲しすぎる流産を乗り越えてママに

関連タグ

監修
監修

日本医科大学大学院女性生殖発達病態学修了。同大学産婦人科学教室で講師や生殖医療主任、木場公園クリニック勤務などをへて、2017年6月に峯レディースクリニックを開院。父も産婦人科医で母は助産師の家庭に育ち、現在は2児の父。日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医。日本生殖医学会認定生殖医療専門医。

Twitter LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる