【144cm・小柄女性の出産レポート】小柄ゆえのトラブルも⁉︎ 地獄の子宮グリグリ…その時は突然やってきた。 | 不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし(赤ちゃんが欲しい)
MENU
不妊治療・妊活のクリニック探し・情報収集ならあかほし 妊活ライフ 【144cm・小柄女性の出産レポート】小柄ゆえのトラブルも⁉︎ 地獄の子宮グリグリ…その時は突然やってきた。

【144cm・小柄女性の出産レポート】小柄ゆえのトラブルも⁉︎ 地獄の子宮グリグリ…その時は突然やってきた。

画像ギャラリー

私たち夫婦(なつみ:27歳・夫:25歳)が妊娠に至ったのは結婚から2年後の春でした。穏やかなマタニティライフを過ごし、順調に臨月を迎え、あとは出産を待つのみ。平和な妊婦生活だった…と思いきや、予定日を数日すぎても出てくる気配のないわが子。急きょ「陣痛促進剤」を使って出産することになりました。

あっという間に出産予定日がやってきて…

陣痛促進剤とは人工的に陣痛を起こすための薬です。名前は聞いたことはあったけれど、まさか自分が使うことになるとは…。出産は人それぞれというけれど、本当に予想外のことが起きるものなんだと実感しました。

今回は陣痛促進剤からスタートした出産の一連の流れをレポートします。「陣痛促進剤を使うと本当に痛みが強くなるの?」と気になる方はぜひ参考にしてみてください。

・出産予定日1週間前

臨月に入ってから毎日3km以上歩いていた私。その甲斐あってか、予定日1週間前の診察ではすでに子宮口3cmと告げられました。医師から「2、3日中には生まれそうだね」と言われ、もう出産はすぐそこなんだと意気込みます。

「初産婦の出産は予定日より遅れることが多い」とインターネット上に書かれているのをよく見るけれど、私は予定日かそれより早く生まれるのだなと確信していました。


マタニティフォトを自宅でコツコツ撮影!いい記念になりました

妊娠してから順調に成長していたわが子。あまり大きくなると身長144cmとかなり小柄な体型の私には自然分娩で産めなくなるので、診察時に膣内を触診する「内診グリグリ」で子宮を刺激してもらいました。刺激された直後から、生理痛のような重い痛みとともにお腹が張ります。

産院から帰宅して数時間経ってもお腹の張りは治まらず、歩いてもすぐに動けなくなり、すわったままお腹の張りに耐える状態が夜まで続きました。強いお腹の張りと少量の出血から、「今日生まれるのかな?いよいよ出産なのかも…!」とドキドキ。

出産後は実家に1カ月ほど里帰りする予定だったので、産まれる前に自宅を軽く掃除をしておきたかったな…なんて、もう産む気満々で床に就きました。

しかし何事もなく翌日の朝を迎えます。お腹の赤ちゃんはいつもどおりの胎動でとっても元気!まだまだ出てくる気はないようです。

関連記事:妊娠かも!?【妊娠超初期症状】は◯%がアリ!いつからどんな兆候が?

・出産予定日3日前

朝、おしるしが出たのを見て、「そろそろだ…!」と期待に胸を膨らませます。さらには、お腹の張りと同時に重めの生理痛のような痛みを感じました。

「前駆陣痛かもしれない…」初産婦にとっては、どんな感覚が陣痛なのか想像がつかないため、体に変化があるたびにスマホを手に取り、検索ばかりしていました。

・出産予定日当日

あっという間に出産予定日を迎えました。クリニックで診察してもらうも、すでにわが子の推定体重は3,000グラムを超えて、私の体で産めるぎりぎりのサイズになっています。さらにへその緒の血流も悪いようなので、このまま長くお腹にいるのは少し危険と言われました。

ですが、もう少し様子をみようと出産予定日から3日後にクリニックを受診することに。
「いやいや、さすがに3日以内には生まれてるでしょう」と思っていましたが、、、

この期待は簡単に裏切られてしまいます。

関連タグ

『赤ちゃんが欲しい(あかほし)』は、主婦の友社が運営する妊活・不妊治療のお悩み解決メディア。ドクターや専門家監修の信頼コンテンツを中心に「妊娠したい」を全力サポートします。全国のクリニックや施設の検索もラクラク。

X LINE
人気記事ランキング
  • 24時間
  • 月間
閉じる